『俺のやることが山雅の伝統になってくれたら嬉しい』田中隼磨がJ1残留に向けて示す覚悟とは(J論)

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

Jユースカップ1回戦は10月14日(月・祝)、ホームで枚方FCカンテラと対戦! 栃木SC U-18観戦ガイド(予想スタメン&見どころ)【アカデミーレポート】(19.10.12)

10鈴木隼人(3年)

 

台風の影響で10月14日(月・祝)に順延されたJユースカップ1回戦。栃木SC U-18は枚方FCカンテラと、SAKURAグリーンフィールドで対戦する。ぜひ多くの皆さんの応援をよろしくお願いします。

 

Jユースカップ1回戦 栃木SC U-18 対 枚方FCカンテラ

10月14日(月・祝)13時キックオフ 

SAKURAグリーンフィールド(栃木県さくら市喜連川561)

 

▼予想フォーメーション(3-1-4-2)

4バックと3バックを併用している栃木SC U-18だが、浜嶋淳郎監督が毎年採用しているお気に入りが3-1-4-2だ。直近のリーグ戦でも使ったこの陣形で挑む可能性がある。

GK:コーチング能力に優れ、PK戦にも強い1野中綾太(2年)が有力だが、サイズのある22犬飼裕哉(1年)も出場機会を増やしている。

CB:右から5中三川海斗(3年)、36軽部倭太琉(1年)、3藤原隼(2年)の3バック。三人とも当たりの強さには自信あり。本来はサイドバックの中三川が敢えてCBから攻撃参加して厚みを作る。

アンカー:攻守両面で要所に顔を出し、ボールを奪って繋ぐ「水を運ぶ人」は8柴田大地(2年)で決まり。彼の存在なくしてこの布陣はあり得ない。

アウトサイド:右10鈴木隼斗(3年)左6黒川恭也(3年)が有力。鈴木は中三川との連携で右サイドを切り崩し、カットインからの左足も魅力。黒川は堅実な守備と思い切りよく入れるクサビのパスが持ち味。より攻撃的に行くなら、14秋元琉翔(2年)の左クロスに期待。

インサイド:パスセンスに優れた7清村陽空(2年)、豊富な運動量の4藤井翔太(3年)が並ぶ。二人ともミドルシュートを打てるので積極的に狙って欲しい。大胆なパスを出す40大平卓海(1年)、ドリブラーの24今泉凛平(2年)も調子を上げてきている。

FW:トップとの練習試合でも結果を出している11吉野陽翔(2年)が絶対的エース。ポストプレーよし、自ら持ち込んでもよしの万能タイプ。相方はクロスからのゴールに秀でた19藤田優斗(3年)、長身の9小堀空(2年)、突破力のある41郷達哉(1年)と多様な駒が揃っている。

 

昨年はクラブ史上初の3回戦まで進んだ同大会。今年はより高みを目指すためにも、初戦で勢いをつけることが重要です。14日はSAKURAグリーンフィールドをホームの雰囲気にするべく、多くの皆さんに足を運んでいただければ幸いです。

 

(文 編集部スタッフ)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック