【サッカーパック人気1位】 1日1回読むだけで身につくサッカーの見方の基礎知識【会員限定】ビルドア…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「結果として負けてしまったことは残念でなりません。サポーターのためにも次は勝つゲームをしたいと思います」【J2第37節FC琉球戦後のコメント】(19.10.20)

2019明治安田生命J2リーグ第37節

2019年10月20日14時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム

入場者数 6,255人
天候 曇り、無風
気温 23.0
湿度 70%
ピッチ 良芝、乾燥

栃木SC 0-2 FC琉球
(前半0-0、後半0-2)
得点者:79分 上門知樹(琉球)、90+5分 上門知樹(琉球)

<スターティングメンバー>

GK 23 川田 修平
DF 27 久富 良輔
DF 36 乾 大知
DF 30 田代 雅也
MF 29 川田 拳登
MF 5 ヘニキ
MF 25 ユウリ
MF 45 瀬川 和樹
FW 16 榊 翔太
FW 21 大﨑 淳矢
FW 26 枝村 匠馬
控え
GK 35 浅沼 優瑠
DF 18 坂田 良太
DF 15 森下 怜哉
MF 24 和田 達也
MF 31 三宅 海斗
MF 37 浜下 瑛
MF 11 平岡 翼

田坂和昭監督

70分 榊→平岡
79分 川田拳→浜下
83分 ヘニキ→三宅

(撮影は永島一顕)

■田坂和昭監督

「何としてもホームで勝ちたかったですし、試合前、試合中もサポーターが応援してくれていると。前節は甲府戦に来られなかったサポーターもいたので何としても勝利を届けたかったのですが、結果として負けてしまったことは残念でなりません。サポーターのためにも次は勝つゲームをしたいと思います。内容を見れば、やるべきことはやったと思います。守備の面についても、1失点目だけは中を攻略されてしまいましたが、それ以外は相手の特徴を踏まえてやれていたし、後半は相手がやり方を変えてきてからも順応しながら、全員が献身的に良く走っていました。今のチームカラーである全員で守備をするというところは出ているので、それだけに1失点目は痛い失点でした。攻撃の面もやることはやっていると思います。奪ったあとにどう攻めるのかも整理できていました。チャンスはいくつか作りましたが、なかなかゴールが決められなかったと。ここから言えるのは最後のクオリティになるということです。琉球はあまりチャンスを作っていなくともゴールを決めました。我々は数多くチャンスを作ったし、ペナルティエリア内に侵入する回数は比較的多かったと思います。ただ、最後のクオリティが伴わなかったところがあるので、その辺りは練習しないといけないのですが、その点は今試合に出ていない選手がどれだけ奮起して試合に絡んでくるか期待したいですし、今いる選手たちがどれだけクオリティを上げていって結果を掴むのかも期待したいです。次の岡山戦までチームで競争をして、やるべきことをやって、かつ結果も伴わせるように、チームで準備していきたいと思います」

(残り 1310文字/全文: 2465文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック