サッカーライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

攻めの姿勢で大宮から勝点を奪取。残り2戦2勝で逆転残留する準備はできた。【J2第40節大宮アルディージャ戦レビュー】(19.11.11)

2019明治安田生命J2リーグ第40節

2019年11月10日14時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム

入場者数 8,426人
天候 晴れ、無風
気温 16.0
湿度 50%
ピッチ 良芝、乾燥

栃木SC 0-0 大宮アルディージャ

(前半0-0、後半0-0)
得点者:

<スターティングメンバー>

GK 23 川田 修平
DF 27 久富 良輔
DF 36 乾 大知
DF 30 田代 雅也
DF 45 瀬川 和樹
MF 37 浜下 瑛
MF 26 枝村 匠馬
MF 25 ユウリ
MF 21 大﨑 淳矢
FW 5 ヘニキ
FW 16 榊 翔太
控え
GK 35 浅沼 優瑠
DF 22 メンデス
MF 14 西谷 優希
MF 10 西谷 和希
MF 11 平岡 翼
FW 9 大黒 将志
FW 47 キム ヒョン

田坂和昭監督

74分 榊→大黒
82分 ヘニキ→キム
89分 大﨑→西谷和

 

▼新潟戦の気迫そのままに大宮に立ち向かう選手たち

前節新潟戦でできたことをそのまま表現できた試合だった。

自動昇格に向けて気迫を見せる大宮に対して、一歩も引かず、最後まで攻め続けたスコアレスドロー。

これだけの試合ができるチームが、残り2試合で2連勝して何の不思議があろうか。

 

勝利のみが求められていた敵将・高木琢也監督が「栃木さんを褒めるしかない」と試合後に意気消沈する姿が印象的だった。

(残り 3819文字/全文: 4388文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック