【サッカー人気2位】サッカーに一喜一憂する日々が戻ってくる…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「キャンプを通じてやってきたことはほぼほぼ出せたと思いますが、まだまだできたというのが私の感想です」【J2開幕節V・ファーレン長崎戦後のコメント】(20.2.23)

2020明治安田生命J2リーグ開幕節

2020年2月23日14時キックオフ トランスコスモススタジアム長崎

入場者数 9,436人

V・ファーレン長崎 1-0 栃木SC

(前半1-0、後半0-0)
得点者:22分 フレイレ(長崎)

天候 晴、弱風
気温 16.7
湿度 37%
ピッチ 全面良芝

<スターティングメンバー>

GK 1 川田 修平
DF 15 溝渕 雄志
DF 23 柳 育崇
DF 30 田代 雅也
DF 6 瀬川 和樹
MF 8 明本 考浩
MF 25 佐藤 祥
MF 5 岩間 雄大
MF 21 大﨑 淳矢
FW 29 矢野 貴章
FW 34 有馬 幸太郎
控え
GK 22 塩田 仁史
DF 35 池庭 諒耶
MF 13 禹 相皓
MF 14 西谷 優希
FW 16 榊 翔太
FW 9 エスクデロ 競飛王
FW 20 韓 勇太

田坂和昭監督

■田坂和昭監督

「結果は悔しい結果です。やるべきことができた試合でした。ここに来たサポーターに開幕戦勝利を届けたかったのですが、届けられずに残念です。キャンプを通じてやってきたことはほぼほぼ出せたと思いますが、まだまだできたというのが私の感想です。それは何かといえば、守備のところでももっとプレッシャーをかけられるし、もっと高い位置から引っかけられるんじゃないかと。攻撃のときもカウンターのときにもっと走って前へ人数をかければ崩せるシーンも出てきたと思います。ただ、選手たちは今持っているものを出して非常によくやってくれました。後半は点を取るために前からいっていいチャンスを作っていました。なかなかゴールを奪えなかったのは課題ですが、また次に向けて精度を上げていくこともそうだし、走力の質も上げていきたいと思っています。次はダービーなので、しっかり走って勝てるように準備したいと思います」

――勝負を分けたのは最後の質の部分でしょうか。

「そう言ってしまえば簡単ですが、我々はチャンスを多く作っていましたし、逆にピンチと言える場面は記憶するかぎりはほとんどなかった。質といえば質ですが、チャンスをたくさん作って決めることが課題になると思います。確かに勝負を分けたのはリスタートの質だったと思います」

(残り 1129文字/全文: 1965文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック