【サッカー人気4位】【トピックス】短期集中連載『永井秀樹、…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

明本考浩「思ったようなプレーができたし、そこは自信になります」矢野貴章「後半、相手よりも僕らのほうが走れていたと思うし、相手も圧力に苦しんでいたと思うので、そこで最後に得点を取りたかった」【J2開幕節V・ファーレン長崎戦後のコメント】(20.2.23)

2020明治安田生命J2リーグ開幕節

2020年2月23日14時キックオフ トランスコスモススタジアム長崎

入場者数 9,436人

V・ファーレン長崎 1-0 栃木SC

(前半1-0、後半0-0)
得点者:22分 フレイレ(長崎)

天候 晴、弱風
気温 16.7
湿度 37%
ピッチ 全面良芝

<スターティングメンバー>

GK 1 川田 修平
DF 15 溝渕 雄志
DF 23 柳 育崇
DF 30 田代 雅也
DF 6 瀬川 和樹
MF 8 明本 考浩
MF 25 佐藤 祥
MF 5 岩間 雄大
MF 21 大﨑 淳矢
FW 29 矢野 貴章
FW 34 有馬 幸太郎
控え
GK 22 塩田 仁史
DF 35 池庭 諒耶
MF 13 禹 相皓
MF 14 西谷 優希
FW 16 榊 翔太
FW 9 エスクデロ 競飛王
FW 20 韓 勇太

田坂和昭監督

■明本考浩

――プロデビュー戦になりました。

「やってやろうという思いでしたし、結果に繋がらなかったのが悔しいです」

――プレシーズンで見せていたような激しいプレッシングや突破が見られました。J2のピッチで、相手も長崎という質の高いチームを相手に、手応えは?

「思ったようなプレーができたし、そこは自信になりますね」

――特にどのあたりに手応えを感じました?

「突破だったり、(後半に)一回相手からボールを奪ったシーンがありましたが、ああいうプレスとか、そのためのスピードとか、距離がだんだんつかめたと思います」

――あの後半のボール奪取のシーンは、前半やってみた感覚を受けて後半は少し考えたと。

「そうですね。前半はプレスがハマっていなかったし、ちょっと距離が遠くなっていたので、ちょっと奪いに行ってみようかなと距離を縮めたときにうまくいったので、そこは良かったと思います。ただ、そこで自分のプレスが遅かった分、相手に背後に蹴られてピンチになったシーンもあったので、もっと自分がしっかりスイッチ入れないとな、相手に対策されているんだなと思いました」

――確かに長崎は前半から思っている以上に早めに蹴り込んでくるシーンが多くて、栃木としては前から行きたかったと思いますが、相手もあることなので、そこは割り切りながらだったと。

(残り 1612文字/全文: 2455文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック