【サッカー人気3位】大ブレークの気配 左45度を定位置にす…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

山本廉から滲み出る負けん気、そしてJ2強度への慣れ。「スピードに慣れてきたし、フィジカル面は対等にできている」【トピックス】(20.3.9)

▼練習風景に見えるJ2の強度への慣れ

今季の開幕戦では、明本考浩が大きなインパクトを残した。栃木SCユース出身、右サイドハーフでの出場だったが本職はボランチだ。彼のプレーに大いに刺激を受けたのでは、と見立てたうえで話を聞いたが、山本廉はこう返した。

「刺激と言えるほどの刺激はそんなに。ポジションが違うし、キャンプの頃から開幕戦は出るんだろうと思ってましたから」

(残り 1064文字/全文: 1243文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック