【サッカー人気3位】少ない観客だからこそ現れる浦和らしさと…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

6月の更新予定。【お知らせ】(20.5.27)

 

▼リーグ戦再開はもうすぐそこに

こんばんは、鈴木です。

僕の住んでいる自治体ではいち早く特別定額給付金が振り込まれました。申請から給付まで非常に速かったです。素晴らしいと思います。

さて、我慢を強いられた自粛期間を乗り越え、Jリーグもいよいよ再開に向けてエンジンがかかってきました。栃木SCもチーム活動を再開させ、先週、今週と選手たちはもう一度身体を作り直すべく、走りに走っているようです。

今月29日の臨時実行委員会にてJリーグの再開日程が決まり、発表されるでしょう。6月下旬のリーグ戦再開が最速とされていますが、各方面の調整を踏まえると7月上旬の再開が濃厚ではないでしょうか。最初は近隣同士、エリアを区切ったマッチメイク、無観客試合は再開後の数試合のみでその後は観客を動員する試合開催の見込み、などといった各種報道もありますが、果たしてどうなるか。

リーグ戦の再開日程が決まれば、栃木SCのチーム活動の取材も許可される見込みです。6月に入ればチームの取材活動も再開できると見込んでいますが、諸々に留意しながら現場の情報をお届けしたいと思います。

 

さて、7月上旬のリーグ戦再開を見据えた6月の更新内容ですが、もちろんリーグ戦再開に向けたチーム状態をお届けするとともに、引き続き、過去にさかのぼった記事もお届けしていきたいと思っています。

●Jリーガーの履歴書
●ヒストリープレイバック
●フォトプレイバック
●蹴辺の栃木たち(チームスタッフ・フロントスタッフ)

今後準備する矢野貴章選手へのインタビューは、募集させてもらった「あなたの疑問に答えます」の質問とJリーガーの履歴書を合算した記事にしようかと思案中。

フォトプレイバックについては、いつも本サイトの撮影に協力を頂いている永島一顕さんに過去の撮影写真を蔵出ししてもらうことに。16年から19年の4年間に撮影した栃木SCの激戦の数々について厳選ピックアップしてもらっている最中です。

それから先日読者の方々に協力してもらい公開しました以下の企画、これがとても好評でした。

 

「僕・私の忘れられないエピソード」 応募作を大発表!【トピックス】(20.5.6)

 

皆さん「わかるわかる」という感じでしたでしょうか。また何かしら切り口を変えて再募集しようかなと思案しています。

それと、栃木フットボールマガジンラジオ、略して「とちラジ」をスタートさせようと思っています。YouTubeの栃木フットボールマガジンチャンネル上にて、ラジオのように音声のみの発信をする試みです。生配信ではなく、収録なのでアーカイブはいつでも聴取できます。ラジオを始める理由は、実際に収録した初回のラジオでご確認くださいませ。

今週のトピック、取材こぼれ話、リスナーからの質問、といったところが軸になるでしょうか。

ステイホームが促された結果、当サイトではようやく動画チャンネルも始まり、おかげ様で少しだけ幅が広がった気がします。あくまでテキストがメインだし、大事なのは幅ではなく、コンテンツの中身であり質だと肝に銘じつつ、動画もラジオもうまいこと回していければ。ぜひとも御贔屓に。

 

栃木フットボールマガジン 鈴木康浩

「Jリーガーの履歴書」田代雅也編では、今だからこそ振り返りたい岐阜時代のあのターニングポイントについて掘り下げて告白してもらいました。後日配信予定、お楽しみに。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック