【サッカー人気2位】【維新の風】森晃太は名古屋、甲府からの…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「勝点3が取れた試合だったというのが率直な感想です」【J2第3節 東京ヴェルディ戦後のコメント】(20.7.5)

2020明治安田生命J2リーグ第3節

2020年7月5日19時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム

入場者数 0人(リモートマッチ)

栃木SC 1-1 東京ヴェルディ

(前半0-0、後半1-1)
得点者:49分 榊翔太(栃木)、57分 佐藤優平(東京V)

天候 晴、弱風
気温 22.4
湿度 90%
ピッチ 全面良芝

<スターティングメンバー>

GK 22 塩田 仁史
DF 4 髙杉 亮太
DF 30 田代 雅也
DF 6 瀬川 和樹
MF 16 榊 翔太
MF 15 溝渕 雄志
MF 25 佐藤 祥
MF 5 岩間 雄大
MF 18 森 俊貴
MF 8 明本 考浩
FW 29 矢野 貴章
控え
GK 1 川田 修平
DF 23 柳 育崇
MF 24 和田 達也
MF 13 禹 相皓
MF 11 平岡 翼
FW 9 エスクデロ 競飛王
FW 20 韓 勇太

田坂和昭監督

65分 岩間→ウサンホ
65分 榊→エスクデロ
71分 森→和田
90分 溝渕→柳

■田坂和昭監督

「ホームの開幕戦を待ちに待っていました。リモートマッチでしたが、サポーターに何としても勝点3を届けたい試合でした。また、スポンサーやクラブスタッフに協力を頂き、まるでサポーターがいるかのような雰囲気の中で試合をさせてもらったことに感謝しております。試合については勝点3が取れた試合だったというのが率直な感想です。その中で、攻撃に関していい兆しが出てきていると思います。いい形でボールを奪ってからペナルティキックを奪えましたし、その後にも何度かいい形でチャンスを作ったのですが、追加点が奪えなかったことは次への課題だと思います。守備については前節から修正されて、前から奪いに行けていましたし、我々としてはこういうハードワークをしながら守備をして、ボールを奪ってショートカウンターを狙うという戦いができていました。今日の後半のように押し込んだ状態からどうやって崩していくのか、その点は今後方法を考えていかないといけないと思っています」

(残り 707文字/全文: 1528文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック