【サッカー人気3位】今後サガン鳥栖に何が起きるか経営的な部…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田代雅也、いざフクアリへ。「こういうときに点が獲れる選手でありたい」【トピックス】(20.7.9)

▼激しく戦い、頭は冷静に

冷静な駆け引きだった。

前節東京ヴェルディ戦、開始直後の9分。相手右サイドの俊足、山下諒也がペナルティエリア内に飛び込んできたとき、対応した田代雅也の右脚がわずかに山下の左脚に触れた。

スピードに乗った山下がその刹那、態勢を崩すようにその場に倒れ込む。そして、すぐさま起き上がってペナルティを要求してきた――。

笛は、ならなかった。

栃木側からすれば緊迫の場面。田代雅也が振り返る。

(残り 2000文字/全文: 2199文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック