【サッカー人気1位】課題になる作りの“コストダウン” 水を…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

瀬川和樹「同じ形からやられてしまったのがすべて」矢野貴章「決め切れなかったことが尾を引いた」【J2第7節 FC町田ゼルビア戦後のコメント】(20.7.26)

2020明治安田生命J2リーグ第7節

2020年7月26日19時キックオフ 町田GIONスタジアム

入場者数 721人

FC町田ゼルビア 2-0 栃木SC

(前半2-0、後半0-0)
得点者:23分 マソビッチ(町田)、45分 小田逸稀(町田) 

天候 曇のち雷雨のち雨、弱風
気温 24.0
湿度 90%
ピッチ 水含み

<スターティングメンバー>

GK 22 塩田 仁史
DF 4 髙杉 亮太
DF 30 田代 雅也
DF 6 瀬川 和樹
MF 15 溝渕 雄志
MF 25 佐藤 祥
MF 13 禹 相皓
MF 18 森 俊貴
FW 29 矢野 貴章
FW 16 榊 翔太
FW 8 明本 考浩
控え

GK 1 川田 修平
DF 23 柳 育崇
MF 19 大島 康樹
MF 14 西谷 優希
MF 21 大﨑 淳矢
FW 9 エスクデロ 競飛王
FW 34 有馬 幸太郎

60分 塩田→川田
69分 ウ→大﨑
69分 溝渕→大島
69分 榊→エスクデロ
90+2分 佐藤→有馬

 

■瀬川和樹

――激しい試合でしたが勝敗をわけたポイントは?

「やはりセットプレーで同じ形からやられてしまったのがすべてだと思います。攻撃に関してはもっと精度を上げていかないと勝ち切れないという印象です」

――リスタートを迎えるシーンは町田の逆サイドへの狙いからでしたが、その過程についてはどう見ていますか?

「僕たちがプレッシャーをかけることで相手にあそこに蹴られるのは想定済みだったのですが、そこでできるだけコーナーキックにしないことが大事だったと思います。セットプレーを与えても弾ければ問題はないので、セットプレーを与えたから悪かったという印象は僕は持っていません」

(残り 612文字/全文: 1306文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ