【サッカー人気4位】信頼回復のために必要なこと/広島 1-…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

栃木は決め切れず、町田は決めた。【J2第7節 FC町田ゼルビア戦レビュー】(20.7.27)

2020明治安田生命J2リーグ第7節

2020年7月26日19時キックオフ 町田GIONスタジアム

入場者数 721人

FC町田ゼルビア 2-0 栃木SC

(前半2-0、後半0-0)
得点者:23分 マソビッチ(町田)、45分 小田逸稀(町田) 

天候 曇のち雷雨のち雨、弱風
気温 24.0
湿度 90%
ピッチ 水含み

<スターティングメンバー>

GK 22 塩田 仁史
DF 4 髙杉 亮太
DF 30 田代 雅也
DF 6 瀬川 和樹
MF 15 溝渕 雄志
MF 25 佐藤 祥
MF 13 禹 相皓
MF 18 森 俊貴
FW 29 矢野 貴章
FW 16 榊 翔太
FW 8 明本 考浩
控え

GK 1 川田 修平
DF 23 柳 育崇
MF 19 大島 康樹
MF 14 西谷 優希
MF 21 大﨑 淳矢
FW 9 エスクデロ 競飛王
FW 34 有馬 幸太郎

60分 塩田→川田
69分 ウ→大﨑
69分 溝渕→大島
69分 榊→エスクデロ
90+2分 佐藤→有馬

 

▼質の高いリスタートを持つ町田に屈す

互いにコンパクトなフィールドでの勝負を主戦とする442同士のミラーゲーム。

序盤から攻守が目まぐるしく入れ替わり、激しいバトルの応酬となり、ゴツッ、ゴツッ、という骨と骨がぶつかり合う衝突音がスタンド席まで聞こえていた。

セカンドボールへの準備、反応、出足、デュエルの強度は両チームとも申し分なし。密集した局面から相手の背後や逆サイドにできるオープンスペースへと掻いくぐってチャンスを作ろうとする狙いも、その先で奪ったリスタートからゴールをねじ込もうとする姿勢も同じ。まさしく“似た者同士”の戦いだった。

 

序盤から両チームとも持ち味を出して見せ場を作っていた。

3分、町田が左サイドのFKから変化をつけてゴール前にグラウンダーのボールを送り込み、これを吉尾がフィニッシュするも禹相皓が飛びこんで身体に当てた。

4分、町田が左CKをショートコーナー。見事なパスワークから最後は吉尾がフィニッシュしたがわずかに上へ外れた。

町田は前節水戸戦でも徹底されたリスタートから序盤に二度ほどポスト直撃弾を見舞っていたが、この日も得点の匂いを感じさせるプレーで栃木ゴールを脅かした。

 

だが、栃木もすぐさまやり返す。

9分、明本が中盤中央から、チームが意識する相手中央への狙いを体現するように強引に密集へと分け入ってドリブルで突破。2人、3人と掻いくぐると、隣でサポートした矢野のフィニッシュに繋げた。

12分、最終ラインの田代から背後をうかがってダイアゴナルに走り出した明本への一発のフィードで決定機を創出。しかし、これは間一髪でプレスバックした町田DFのブロックに防がれた。

20分、左FKのチャンス。瀬川のクロスボールにファーサイドで溝渕が競り勝ち、折り返されたボールを禹相皓がフィニッシュしたが、これも相手DFにブロックされた。

 

(残り 4198文字/全文: 5383文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ