【サッカー人気5位】久々の順当勝ち その根拠と最後の失点は…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「プラン通りの展開だっただけに、勝点3が奪えなかったのは悔しいです」【J2第9節 アルビレックス新潟戦後のコメント】(20.8.2)

2020明治安田生命J2リーグ第9節

2020年8月2日18時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム

入場者数 1953人

栃木SC 0-0 アルビレックス新潟

(前半0-0、後半0-0)
得点者:

天候 晴れ
気温 25.8
湿度 67%
ピッチ 全面良芝

<スターティングメンバー>

GK 1 川田 修平
DF 4 髙杉 亮太
DF 30 田代 雅也
DF 6 瀬川 和樹
MF 15 溝渕 雄志
MF 25 佐藤 祥
MF 14 西谷 優希
MF 18 森 俊貴
FW 29 矢野 貴章
FW 21 大﨑 淳矢
FW 8 明本 考浩
控え

GK 31 大野 哲煥
DF 40 井出 敬大
MF 13 禹 相皓
MF 24 和田 達也
FW 16 榊 翔太
FW 19 大島 康樹
FW 34 有馬 幸太郎

46分 大﨑→榊
86分 榊→和田
90+3分 明本→有馬

 

■田坂和昭監督

「選手はよく頑張っていましたし、プラン通りの展開だっただけに、勝点3が奪えなかったのは悔しいです。ただ、今日の試合は選手の成長を感じる試合でもありました。ワンランク上に行けるような試合だったと思っています。守備では相手が中央に人数をかけてボランチを4枚並べるようにしてボールを引き出していましたが、よく対応していたなと。今日は明本をあえてFWにして前からプレッシャーをかけるようにしましたが、いい形でハマってチャンスを作っていました。攻撃でもいい守備からいい攻撃というのがモットーで、中央を狙った攻撃からいくつかチャンスを作れましたが、最後を決め切れなかったなと。ただ、この3連戦の最後のゲームにおいて選手たちはかなりのプレッシャーをかけて闘ってくれましたし、これをベースに今後もやっていきたいと思います」

――今日は明本選手をFWに起用した意図を教えてください。

(残り 1290文字/全文: 2040文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック