【サッカー人気4位】【山雅探報】2021新春スペシャル:元…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

2回のゴラッソを守り切れず。後半に何が起きたか。【J2第16節ギラヴァンツ北九州戦レビュー】(20.9.3)

2020明治安田生命J2リーグ第16節

2020年9月2日19時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム

入場者数 1158人

栃木SC 2-2 ギラヴァンツ北九州

(前半1-0、後半1-2)
得点者:30分 西谷優希(栃木)、50分 明本考浩(栃木)、74分 町野修斗(北九州)、82分 鈴木国友(北九州)

天候 雨のち晴れ
気温 26.5
湿度 90%
ピッチ 全面良芝

<スターティングメンバー>

GK 1 川田 修平
DF 4 髙杉 亮太
DF 30 田代 雅也
DF 6 瀬川 和樹
MF 15 溝渕 雄志
MF 25 佐藤 祥
MF 14 西谷 優希
MF 18 森 俊貴
FW 29 矢野 貴章
FW 8 明本 考浩
FW 19 大島 康樹
控え

GK 50 オビ パウエル オビンナ
DF 23 柳 育崇
DF 33 黒﨑 隼人
MF 13 禹 相皓
MF 5 岩間 雄大
FW 16 榊 翔太
FW 34 有馬 幸太郎

73分 明本→榊
80分 大島→有馬
85分 西谷→サンホ
85分 佐藤→岩間

 

▼2回のゴラッソによるリードを守り切れず

悔しいドローだ。

西谷と明本が北九州のお株を奪うような決定力の高さを見せつけたが、一方で、中2日ゆえに試合終盤に足が少しずつ止まり出すのは当然のこと。

その流れに対し、敵将・小林伸二が前半の停滞から適確に修正を施し、狙いどおりの交代策から警戒した町野と鈴木に決定力を見せつけられて同点とされた。

先に2失点の流れから振り返りたい。

試合前のプレビュー内のコメントで敵将・小林伸二は「やはりウチは琉球のような形でゲームを進めたい」と話しているが、栃木からすれば、奇しくも琉球戦のような流れにされてしまった感はある。

琉球戦同様、ゴールで先行しながらも、折り返した後半、相手のパス回しのテンポにプレスが少しずつ間に合わなくなり、ラインが下がり、そこに高さと強さのあるFW鈴木を投入されて、ゴール前へ上げられたボールから失点するという流れだった。

(残り 3474文字/全文: 4286文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック