【サッカー人気5位】悪質なスライディングタックルでディエゴ…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「応援してもらっているサポーターに本当にいい勝利を届けることができたと思います」【J2第17節 水戸ホーリーホック戦後のコメント】(20.9.6)

2020明治安田生命J2リーグ第17節

2020年9月6日19時キックオフ ケーズデンキスタジアム

入場者数 2,001人

水戸ホーリーホック 1-2 栃木SC

(前半1-0、後半0-2)
得点者:20分 アレフ・ピットブル(水戸)、67分 田代雅也(栃木)、90+4分 柳育崇(栃木)

天候 晴れ
気温 25.9
湿度 82%
ピッチ 全面良芝

<スターティングメンバー>

GK 50 オビ パウエル オビンナ
DF 4 髙杉 亮太
DF 30 田代 雅也
DF 6 瀬川 和樹
MF 33 黒﨑 隼人
MF 25 佐藤 祥
MF 5 岩間 雄大
MF 17 山本 廉
MF 8 明本 考浩
FW 19 大島 康樹
FW 18 森 俊貴
控え

GK 1 川田 修平
DF 23 柳 育崇
DF 28 温井 駿斗
MF 13 禹 相皓
MF 14 西谷 優希
FW 16 榊 翔太
FW 34 有馬 幸太郎

62分 岩間→西谷
70分 山本→有馬
90+1分 大島→柳

■田坂和昭監督

「まず2014年ぶりに水戸に勝てたと。ずっと勝てていないことを踏まえて、この勝利を待っていたサポーターやスポンサーさんに最高の勝利を届けられたのではないかと思います。それができたのも、選手がこのタフな条件のなかで走り切ってくれました。特に後半はギアが上がって完全に押し込んだ状態を作ってくれたと思います。そうやって最後はいい形で逆転までもっていってくれました。ダービーということでサポーターも来場してもらうことができればよかったですけど、でも応援してもらっているサポーターに本当にいい勝利を届けることができたと思います」

――前半は一瞬の隙を突かれた失点でしたが後半は盛り返しました。どんな指示を出したのでしょうか。

「1点を失った場面以外で崩されたシーンもほぼなく、相手の狙いもわかっていました。ハーフタイムにも全体に悪くないので続けていこうと。守備も攻撃も狙い通りにできているので、まず1点返していく手段だけ話をしました」

(残り 1061文字/全文: 1881文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック