【サッカー人気1位】「ユナイテッドでドーン」はなぜ起こるの…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「勝点を獲れなかったのはウタカ選手の個人的な力の大きさもあったと思います。なかなか抑えきれなかったところはこれからの課題」【J2第21節 京都サンガF.C.戦後のコメント】(20.9.23)

2020明治安田生命J2リーグ第21節

2020年9月23日18時30分キックオフ サンガスタジアム

入場者数 1,797人

京都サンガF.C. 3-2 栃木SC

(前半1-1、後半2-1)
得点者:31分 明本考浩(栃木)、43分 ピーター・ウタカ(京都)、76分 福岡慎平(京都)、80分 ピーター・ウタカ(京都)、柳育崇(栃木)

天候 曇り
気温 23.9
湿度 67%
ピッチ 全面良芝

<スターティングメンバー>

GK 1 川田 修平
DF 4 髙杉 亮太
DF 30 田代 雅也
DF 6 瀬川 和樹
MF 15 溝渕 雄志
MF 25 佐藤 祥
MF 14 西谷 優希
MF 17 山本 廉
FW 8 明本 考浩
FW 19 大島 康樹
FW 9 エスクデロ 競飛王
控え

GK 50 オビ パウエル オビンナ
DF 23 柳 育崇
DF 33 黒﨑 隼人
MF 13 禹 相皓
MF 5 岩間 雄大
FW 34 有馬 幸太郎
FW 29 矢野 貴章

57分 エスクデロ→矢野
57分 大島→有馬
79分 髙杉→柳
86分 佐藤→禹
86分 西谷→岩間

 

■田坂和昭監督

「アウェーでの連戦ということで、今日は京都に対してしっかりと相手の個人や戦術を把握して戦いましたが、選手たちはよく闘ったし、最後まで走ったのではないかと思います。もちろん疲労感が出ている選手もいたのですが、チームとしてやるべきことはやっていましたし、最後の最後までくらいついていたので結果的に勝点3は獲れませんでしたが、今季やろうとしていることを選手たちが良くやってくれたのではないかと思います。勝点を獲れなかったのはウタカ選手の個人的な力の大きさもあったと思います。その辺りがなかなか抑えきれなかったところはこれからの課題でしょうし、シーズンが半分終わりましたがここから我々のハードワークやプレーの精度を上げて、残りの21試合で今まで以上の勝点を奪いたいと思います」

(残り 1373文字/全文: 2166文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック