【サッカー人気1位】「クラブ寝耳に水」の意味がちょっと違っ…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

後半序盤の劣勢を盛り返した上での追加点、7試合ぶり零封という快勝劇。【J2第22節 FC町田ゼルビア戦レビュー】(20.9.28)

2020明治安田生命J2リーグ第22節

2020年9月27日18時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム

入場者数 2,203人

栃木SC 2-0 FC町田ゼルビア

(前半1-0、後半1-0)
得点者:43分 柳育崇(栃木)、72分 森俊貴(栃木)

天候 晴れ
気温 20.3
湿度 88%
ピッチ 全面良芝

<スターティングメンバー>

GK 50 オビ パウエル オビンナ
DF 33 黒﨑 隼人
DF 23 柳 育崇
DF 30 田代 雅也
MF 17 山本 廉
MF 5 岩間 雄大
MF 14 西谷 優希
MF 15 溝渕 雄志
FW 29 矢野 貴章
FW 18 森 俊貴
FW 8 明本 考浩
控え

GK 1 川田 修平
DF 40 井出 敬大
DF 6 瀬川 和樹
MF 25 佐藤 祥
MF 13 禹 相皓
FW 9 エスクデロ 競飛王
FW 34 有馬 幸太郎

59分 西谷→佐藤
59分 溝渕→瀬川
83分 山本→有馬
88分 明本→エスクデロ

 

▼前半は栃木の土俵で相手をコントロール

前半は栃木ペースだった。磐田戦や京都戦で露呈した背後のボールへのケアもばっちりだった。

「相手が長いボールを蹴ってくることはわかっていたし、FWにバブンスキーが入っている時点で長いボールを使って起点を作ってサイドからだろうと。そこでまず長いボールを自由に蹴らせないこと。そしてDFラインのバックのタイミングとGKの距離感もすごく良かったと思います」(田坂監督)

 7分や37分に町田の右SH吉尾が栃木の最終ラインの背後をダイアゴナルに走って背後へのボールに反応するシーンがあるが、いずれもオビや左SB溝渕が対応して事なきを得ている。非常に集中している様子が伝わるシーンだ。

 

5分、明本のCKに柳が頭で合わせたがわずかに上へ。前半の中盤にも柳が明本のCKに合わせかけたが、ボールの質といい、入るタイミングといい、明らかにいい感じの匂いが漂っていた。

14分、町田が1本目のCKを獲得。キッカーは平戸、ショートの位置に吉尾がスタンバイするという前回対戦でやられた同じパターンがお目見えすると、栃木はすかさず溝渕が吉尾をマーク。町田のショートCKをけん制してやらせなかった。

前半は町田も奪ったボールをシンプルに背後へ入れてくる展開が続いたが、敵将ポポビッチが言うには「背後を狙う意図はあったが、それだけではいけないし、前半は相手のサッカーに合わせてしまった」という戦況だった。CB深津も「前半は繋げる場面でも繋がず、前へ前へと急いでしまっていたと思う」と振り返った。

 

(残り 4113文字/全文: 5164文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック