【サッカー人気1位】完膚なきまでの敗戦だった鹿島戦 今季の…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

瀬川和樹「攻守においてアグレッシブにできているので、そこは続けて、最後は質の部分」大島康樹「打たないと何が起こるかわからない」【J2第26節 モンテディオ山形戦後のコメント】(20.10.14)

2020明治安田生命J2リーグ第26節

2020年10月14日19時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム

入場者数 1,583人

栃木SC 0-1 モンテディオ山形

(前半0-1、後半0-0)
得点者:ヴィニシウス・アラウージョ(山形)

天候 曇り
気温 19
湿度 81%
ピッチ 全面良芝

<スターティングメンバー>

GK 50 オビ パウエル オビンナ
DF 23 柳 育崇
DF 30 田代 雅也
DF 6 瀬川 和樹
MF 15 溝渕 雄志
MF 5 岩間 雄大
MF 14 西谷 優希
MF 17 山本 廉
FW 8 明本 考浩
FW 19 大島 康樹
FW 9 エスクデロ 競飛王
控え

GK 1 川田 修平
DF 40 井出 敬大
DF 33 黒﨑 隼人
MF 13 禹 相皓
MF 21 大﨑 淳矢
FW 16 榊 翔太
FW 29 矢野 貴章

61分 溝渕→黒﨑
61分 山本→矢野
78分 エスクデロ→大﨑
85分 岩間→禹
85分 瀬川→榊

■瀬川和樹

――どう振り返りますか?

「自分たちのミスから失点しまい、チャンスはありましたが、最後の精度が上がらずに決め切れない展開になりました。前回と攻撃の部分では一緒で、守備では一回のミスから失点をしてしまい、もったいない試合だと思います」

――瀬川選手のサイドからクロスを入れるシーンも何本かありました。大宮戦後にクロスに入るときの意識の共有がなされましたが、その辺りの今日の出来についてはどう感じていますか?

「中を見ることができずに入れているシーンもありますし、今日は中を見て狙いながらあげるシーンもあまりなかったのですが、中もしっかりと入ってきてくれているシーンもあったし、僕自身も中に入っていって合えば1点というシーンもありました。クロスについてはいいシーンも悪いシーンもあったと思います」

(残り 734文字/全文: 1481文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック