【サッカー人気1位】世界一から10年、女子サッカーの今を考…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「今日は仲間を信じてクロスに入り続けたし、攻め続けたし、守り続けたし、チームとして良かったと思います」【J2第28節 FC琉球戦後のコメント】(20.10.21)

2020明治安田生命J2リーグ第28節

2020年10月21日19時30分キックオフ 栃木県グリーンスタジアム

入場者数 1,382人

栃木SC 4-1 FC琉球

(前半1-1、後半3-0)
得点者:5分 榊翔太(栃木)、29分 沼田圭悟(琉球)、56分 榊翔太(栃木)、58分 森俊貴(栃木)、74分 森俊貴(栃木)

天候 晴れ
気温 12.5
湿度 71%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 50 オビ パウエル オビンナ
DF 23 柳 育崇
DF 30 田代 雅也
DF 15 溝渕 雄志
MF 33 黒﨑 隼人
MF 5 岩間 雄大
MF 13 禹 相皓
MF 18 森 俊貴
FW 8 明本 考浩
FW 16 榊 翔太
FW 19 大島 康樹
控え

GK 1 川田 修平
DF 35 池庭 諒耶
DF 6 瀬川 和樹
MF 17 山本 廉
MF 21 大﨑 淳矢
MF 11 平岡 翼
FW 29 矢野 貴章

65分 溝渕→瀬川
65分 榊→大﨑
80分 森→山本
80分 大島→矢野
87分 明本→平岡

 

■田坂和昭監督

「まず久しぶりホームで勝点3が取れたことが良かったと思っています。サポーターになかなかホームで勝点3を届けられなかったのですが、今日は本当に選手たちがよく頑張ってくれました。全体的に我々の狙い通りのサッカーをピッチで表現してくれたし、非常に良かったんじゃないかと思います。琉球はボールを繋いでくるので我々としては前節のヴェルディ戦同様に前から奪いにいって奪った後に速く攻めることを狙っていました。その意味でなかなか点が取れないなかで日々選手たちと意識を共有しながら、点を獲るためにどうしたらいいのか、簡単に奪えるゴールのレシピなんてないよね、みんなで合わせていこう、という共有をし続けるなかで今日結果を出せたのだと思います。今日は試合前に『自分を信じて、仲間を信じて、周りに感謝しよう。その3つを持って試合に臨めばチームに貢献できる』ということを選手たちに話しました。今日は仲間を信じてクロスに入り続けたし、攻め続けたし、守り続けたし、チームとして良かったと思います」

(残り 1229文字/全文: 2102文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック