【サッカー人気3位】「この時のために練習を積んで毎日やって…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

榊翔太「チームがやろうとするサッカーをやるなかで点が取れたことがすごく嬉しい」黒﨑隼人「これをベースに残りの試合を戦っていければ」【J2第28節 FC琉球戦後のコメント】(20.10.21)

2020明治安田生命J2リーグ第28節

2020年10月21日19時30分キックオフ 栃木県グリーンスタジアム

入場者数 1,382人

栃木SC 4-1 FC琉球

(前半1-1、後半3-0)
得点者:5分 榊翔太(栃木)、29分 沼田圭悟(琉球)、56分 榊翔太(栃木)、58分 森俊貴(栃木)、74分 森俊貴(栃木)

天候 晴れ
気温 12.5
湿度 71%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 50 オビ パウエル オビンナ
DF 23 柳 育崇
DF 30 田代 雅也
DF 15 溝渕 雄志
MF 33 黒﨑 隼人
MF 5 岩間 雄大
MF 13 禹 相皓
MF 18 森 俊貴
FW 8 明本 考浩
FW 16 榊 翔太
FW 19 大島 康樹
控え

GK 1 川田 修平
DF 35 池庭 諒耶
DF 6 瀬川 和樹
MF 17 山本 廉
MF 21 大﨑 淳矢
MF 11 平岡 翼
FW 29 矢野 貴章

65分 溝渕→瀬川
65分 榊→大﨑
80分 森→山本
80分 大島→矢野
87分 明本→平岡

 

■榊翔太

――なかなかゴールが奪えないなかで2ゴールの活躍でした。

「最近ゴールが奪えないなかで複数得点で勝てたことはすごく嬉しいです」

――最初の得点はCKからニアですらしたゴールでした。

「自分のところに来たらすらそうと思っていました。アキ(明本)からいいボールが来て、ゴールはラッキーでしたが、入って良かったです」

――2点目はコースを変えました。

「シュートコースに入ってしまったので、当てて入ってくれ、という感じでしたがうまく入ってくれたので良かったです」

――今季はケガもあるなかで、ここに来て試合に絡み始めたなかで結果を掴みました。

「今回のゴールはラッキーが多かったのですが、走っていたからこそ自分のところにボールが来たと思っているし、チームがやろうとするサッカーをやるなかで点が取れたことがすごく嬉しいです」

――今後、チームとして個人として波に乗れるのでは。

「今はチーム一丸となって戦えているので、これを続けることだと思います。一つひとつの戦いに集中して一つひとつ勝っていきたいと思っています」

――守備面について伺いたいのですが、ヴェルディ戦同様の狙いだったと思いますが、前半の飲水タイム明けくらいから相手の中盤が増える陣形になっていました。榊選手の背後のところはボランチとの対応だったと思いますが、どう対応したのでしょうか。

「トップの選手が落ちてきたので、最初は自分がボランチを見ていたのですが、そこに付けられてしまうことが多かったと思います。そこは周りと声を掛け合いながら、自分はしっかりと相手ボランチを見るというようにハメていこうと話し合いました。ハーフタイムにすり合わせをして、自分のマークをはっきりさせたことがうまくいったと思います」

 

■黒﨑隼人

――3ゴールに絡みましたが率直な気持ちを聞かせてください。

「常にゴールとアシストというのは意識していたので、翔太君のゴールも自分のシュートは枠内には入っていないのですが、ゴールへの意識があったから入ったのだと思うし、クロスにしても自分の武器も含めて意識している部分があったので、3点に絡むことができて良かったと思います」

――前半も明本選手に合わせるボールがありました。入れるボールと、中の入りと、今日はどう感じていましたか?

「今日に限らずずっと速いボールというのは意識してやっていましたし、その中でGKとDFラインの間への狙いということで、今日は意識していたとおり、前半から感触が良かったので後半ああいう形から奪うことができて良かったなと思います」

――前節は左サイドでしたが、右と左で感覚としてはどっちがいいのでしょうか。

(残り 562文字/全文: 2089文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック