【サッカー人気5位】地域CL閉幕、マラドーナの死、そして南…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「前半から狙えると思っていたところに対しての即興でした」【J2第29節 愛媛FC戦後のコメント】(20.10.25)

2020明治安田生命J2リーグ第29節

2020年10月25日16時キックオフ ニンジニアスタジアム

入場者数 1,571人

愛媛FC 0-1 栃木SC

(前半0-0、後半0-1)
得点者:53分 森俊貴(栃木)

天候 晴れ
気温 19.6
湿度 47%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 50 オビ パウエル オビンナ
DF 23 柳 育崇
DF 30 田代 雅也
DF 15 溝渕 雄志
MF 33 黒﨑 隼人
MF 5 岩間 雄大
MF 14 西谷 優希
MF 18 森 俊貴
FW 8 明本 考浩
FW 16 榊 翔太
FW 17 山本 廉
控え

GK 1 川田 修平
DF 35 池庭 諒耶
DF 6 瀬川 和樹
MF 13 禹 相皓
FW 19 大島 康樹
FW 9 エスクデロ 競飛王
FW 29 矢野 貴章

榊→大島
山本→矢野
溝渕→瀬川
明本→エスクデロ

 

■田坂和昭監督

「粘り強く戦って勝点3を奪ってくれたと思います。愛媛さんがどういう戦い方をしてくるかわからない試合でしたが、前半は4-1-4-1という形でした。我々の守備に対してマッチアップさせてという形だったと思いますが、選手たちが粘り強く対応できていましたし、守備でも前からプレッシャーに行けたところは選手の共通理解があったからだと思います。いくつかショートカウンターに行くシーンを作れていたし、後半の最後は相手のメンバー交代から押し込まれる時間もありましたが、最後までみんなで粘り強く対応できていたので、勝点3が奪えたのだと思います」

――オビ選手のフィードから森選手が奪ったFKの得点シーンは練習から準備していたオプションでしょうか。

「いや、練習からではなくて前半から狙えると思っていたところに対しての即興でした。あのシーンは(森)俊貴がベンチサイドだったので声をかけられたので伝えたのですが、オビがすごくいいボールを入れてくれたし、俊貴もタイミングよく抜けてくれました」

(残り 783文字/全文: 1592文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック