【サッカー人気1位】「ユナイテッドでドーン」はなぜ起こるの…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

西谷優希「自分たちの時間帯のときに決め切れないと――」エスクデロ競飛王「僕のシュートもそうですが、仕留めきれなかった」【J2第34節 ギラヴァンツ北九州戦後のコメント】(20.11.15)

2020明治安田生命J2リーグ第34節

2020年11月15日15時キックオフ ミクニワールドスタジアム北九州

入場者数 3,001人

ギラヴァンツ北九州 1-0 栃木SC

(前半0-0、後半1-0)
得点者:47分 鈴木国友(北九州)

天候 晴れ
気温 20.5
湿度 49%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 1 川田 修平
DF 23 柳 育崇
DF 30 田代 雅也
DF 15 溝渕 雄志
MF 33 黒﨑 隼人
MF 21 大﨑 淳矢
MF 25 佐藤 祥
MF 14 西谷 優希
FW 8 明本 考浩
FW 18 森 俊貴
FW 9 エスクデロ 競飛王
控え

GK 22 塩田 仁史
DF 35 池庭 諒耶
DF 6 瀬川 和樹
MF 5 岩間 雄大
FW 19 大島 康樹
FW 16 榊 翔太
FW 29 矢野 貴章

19分 大﨑→大島
64分 溝渕→瀬川
64分 西谷→岩間
64分 エスクデロ→矢野
90+2分 大島→榊

 

■西谷優希

――今日のゲームについて率直な感想をお願いします。

「自分たちの時間帯のときに決め切れないとあとあと厳しくなってくるなと」

――前半はかなり押し込んでいましたが後半の立ち上がりに失点しました。前回の徳島戦と同じような展開になってしまったのですが、全体を振り返って感触を教えてもらってよいでしょうか。

「前半は自分たちがやりたい形でやれていたのですが、後半になって前からのプレッシャーがはまらなくなってしまって、ズルズルいってしまったときに失点してしまったと思います。そこからメンバー交代もあって何回かいい形を作れたのですが、最後を決め切るというところまでは行けませんでした」

(残り 1453文字/全文: 2142文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック