【サッカー人気1位】大槻さん、そして今季のラスト4試合 こ…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

攻守の詰めの甘さに泣く。悔しい連敗。【J2第34節 ギラヴァンツ北九州戦レビュー】(20.11.16)

2020明治安田生命J2リーグ第34節

2020年11月15日15時キックオフ ミクニワールドスタジアム北九州

入場者数 3,001人

ギラヴァンツ北九州 1-0 栃木SC

(前半0-0、後半1-0)
得点者:47分 鈴木国友(北九州)

天候 晴れ
気温 20.5
湿度 49%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 1 川田 修平
DF 23 柳 育崇
DF 30 田代 雅也
DF 15 溝渕 雄志
MF 33 黒﨑 隼人
MF 21 大﨑 淳矢
MF 25 佐藤 祥
MF 14 西谷 優希
FW 8 明本 考浩
FW 18 森 俊貴
FW 9 エスクデロ 競飛王
控え

GK 22 塩田 仁史
DF 35 池庭 諒耶
DF 6 瀬川 和樹
MF 5 岩間 雄大
FW 19 大島 康樹
FW 16 榊 翔太
FW 29 矢野 貴章

19分 大﨑→大島
64分 溝渕→瀬川
64分 西谷→岩間
64分 エスクデロ→矢野
90+2分 大島→榊

 

▼前半に攻勢をかけるも後半序盤に…

前半のハイプレスがハマっている間に1本でも決め切りたかった。

前半、栃木のハイプレスが相当にハマっていた。

4-4-2の北九州のビルドアップは2CBの脇にボランチ針谷が降りて、両サイドバックが高い位置を取り、両サイドハーフが中に絞るというオーソドックスなもの。

これに対して栃木は前から同数で圧力をかけてハメながら何度もチャンスを作った。

 

     

    綺麗なショートカウンターからフィニッシュに到達できたのが31分過ぎのシーン。

    明本を頂点とするハイプレスから縦パスを受けた相手ボランチにエスクデロがタックル、挟み込んだ森がボールを奪取して前を向き、左へ持ち出してからフィニッシュしたが大きく外した。せめて”惜しい”と言えるフィニッシュにしてほしかったシーンだ。

    43分には相手の縦パスをカットしたところから明本が起点になって攻め上がり、最後はゴール中央からエスクデロが狙いすましたが、わずかに左へそれた。

    前半のアディショナルタイムには相手ゴールライン上で明本が粘ってボールを奪い取り、落としたエスクデロが狙いすましたがこれも左へそれた。

    どれか一つでも、というシーンの連続だった。

     

    (残り 4181文字/全文: 5079文字)

    ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

    ウェブマガジンのご案内

    日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
    1 2
    « 次の記事
    前の記事 »

    ページ先頭へ

    日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック