【サッカー人気5位】【トリコロール研究所】上海上港戦でPK…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

受け入れ難い3失点惨敗。問われるのは残り7試合に臨む姿勢と結果。【J2第35節 水戸ホーリーホック戦レビュー】(20.11.22)

2020明治安田生命J2リーグ第35節

2020年11月21日18時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム

入場者数 2,861人

栃木SC 1-3 水戸ホーリーホック

(前半1-1、後半0-2)
得点者:3分 奥田晃也(水戸)、24分 明本考浩(栃木)、78分 山口一真(水戸)、85分 前嶋洋太(水戸)

天候 晴れ
気温 11
湿度 57%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 1 川田 修平
DF 23 柳 育崇
DF 30 田代 雅也
DF 6 瀬川 和樹
MF 33 黒﨑 隼人
MF 25 佐藤 祥
MF 5 岩間 雄大
MF 17 山本 廉
FW 8 明本 考浩
FW 18 森 俊貴
FW 16 榊 翔太
控え

GK 22 塩田 仁史
DF 2 伊藤 竜司
MF 11 平岡 翼
MF 14 西谷 優希
FW 19 大島 康樹
FW 9 エスクデロ 競飛王
FW 29 矢野 貴章

46分 榊→矢野
71分 山本→大島
80分 佐藤→西谷
84分 瀬川→平岡
84分 岩間→エスクデロ

 

▼3失点のうち2失点はCKのセカンドボール

1失点目も3失点目もCKのセカンドボールから奪われているのを見ると、それが水戸のそもそもの狙いだったようにも思えてくる。

「コーチの依田(光正)を含めていろんな準備をしてくれましたし、選手の即興性もありました。自主性や自立した姿が2つのセットプレーで活きたと思っています」(水戸・秋葉監督)

いずれのシーンもGK川田が飛び出して弾くには至らず、田代や柳らは相手CB勢とのファーストボールの競り合いで五分に持ち込むのがやっとだった。そうして生まれるセカンドボールにこそ水戸は目を光らせていたかもしれない。

「セットプレーから2本やられているし、僕たちのほうがゴール前のセカンドボールへの反応速度が遅かったことは認めざるを得ないと思います」(柳)

今季、リスタートからの失点が多い栃木が喫したCKからの2失点。

確かに、このCKからの2失点以外の失点――78分に勝ち越される栃木の2失点目はGK川田が股の間を後逸してしまう、いわゆるポカだったが、それがなくともCK2発で敗れていた。

細部の準備の差――。

立ち上がりから劣勢を強いられたのも、この試合を迎えるメンタリティも含めた準備に差があったことは明らかだ。

水戸が”リベンジ”に燃えていたのは周知のとおり。しかし、それをわかっていながらもいいようにやられた。

(残り 4052文字/全文: 5046文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック