【サッカー人気2位】大連戦のスタート ローテーション起用の…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

有馬幸太郎「イメージはできていたので、その流れのままうまく点に繋がって良かった」矢野貴章「何とかこの状況を変えないといけないとみんなが思っていた」【J2第36節 ファジアーノ岡山戦後のコメント】(20.11.25)

2020明治安田生命J2リーグ第36節

2020年11月25日19時キックオフ シティライトスタジアム

入場者数 1,909人

ファジアーノ岡山 2-3 栃木SC

(前半1-0、後半1-3)
得点者:15分 上門知樹(岡山)、61分 有馬幸太郎(栃木)、76分 清水慎太郎(岡山)、79分 田代雅也(栃木)、87分 矢野貴章(栃木)

天候 晴れ
気温 11.3
湿度 73%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 22 塩田 仁史
DF 33 黒﨑 隼人
DF 23 柳 育崇
DF 30 田代 雅也
MF 17 山本 廉
MF 5 岩間 雄大
MF 14 西谷 優希
MF 15 溝渕 雄志
FW 8 明本 考浩
FW 18 森 俊貴
FW 9 エスクデロ 競飛王
控え

GK 1 川田 修平
DF 4 髙杉 亮太
DF 6 瀬川 和樹
MF 25 佐藤 祥
FW 19 大島 康樹
FW 34 有馬 幸太郎
FW 29 矢野 貴章

55分 山本→有馬
55分 岩間→佐藤
71分 溝渕→瀬川
71分 エスクデロ→矢野
81分 西谷→大島

 

■有馬幸太郎

――Jリーグ初ゴールが生まれました。

「ずっと点が取りたかったのですごく嬉しいです。自分が投入されたときは負けていたので、最初は右サイドでプレーしたのですが、ずっとゴールは奪おうという気持ちで入っていきました」

――ゴールシーンはうまく身体を入れて股下を抜くシュートでした。

「ボールを受けるときにある程度ターンをして股下を抜いてシュートというイメージはできていたので、その流れのままうまく点に繋がって良かったなと思います」

――今までチームとしてゴールへの質が課題でしたが、個人として結果を出したことは大きいのでは。

「栃木は点がたくさん奪えるチームではないので、これから自分のゴールだったり、今日も3ゴールが生まれたので、自分もチームもゴールがもっと奪えるようになっていければいいかなと思っています」

――田坂監督が有馬選手が最近調子が良かったと話していましたが、有馬選手自身は調子の良さはどう感じて、今日のピッチ上でどうだったのか教えてもらえますでしょうか。

「練習の中でも自分のコンディションやパフォーマンスが安定していい感じで出せていたと思うので、だからメンバーに選ばれたのだと思うし、試合出場に繋がったのだと思います。守備面ではまだまだ課題はあったにせよ、攻撃面では自分の良さは少し出せたかなと思うし、監督の起用に応えることができて良かったなと思います」

――それは最近自分のなかで成長を感じる部分があったのですか?

「なかなか試合に絡めないなかで自分の長所と自分の短所と向き合いながらトレーニングを続けてきた成果だと思います」

 

 

■矢野貴章

――勝ち越しゴールは冷静に交わし切って決めました。

「(佐藤)祥からいい形でボールを受けることができて、初めは右足でシュートを打とうと思ったのですが、相手もコースを切ってきたので、いったん切り返して味方が上がってきたのでパスをしようと思ったのですが、相手のカバーも来ていなくて、なんか、冷静にシュートを打つことができましたね」

(残り 732文字/全文: 2021文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ