【サッカー人気3位】これが3週間の中断期間の成果?/J1 …

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

黒﨑隼人「もっとチームに貢献しないと、というのはあります」有馬幸太郎「何としても成長して試合に出てやろうというのは今もずっと思っています」【J2第37節 レノファ山口戦直前コメント】(20.11.28)

今週の27日、黒﨑隼人、有馬幸太郎がJ2第37節レノファ山口戦に向けてコメントした。

 

■黒﨑隼人

――岡山戦は良い勝ち方ができました。率直に何が良かったと思いますか?

「まずは気持ちの面で、水戸に負けてからの取り組みや、アップ前のロッカールームで全員が、今年は一体感があるので、一人ひとりがメンタルの部分を非常に強く持って試合ができたと思います。失点してからも変わらずにやれていたので、そこが勝てた要因かなと思います」

――相手に2点目を取られて1-2にされたとき、展開としてはかなりダメージが大きかったと思います。

「やることは変わらないというのはありました。ただ、ああいう苦しい展開になったときにセットプレーで得点できて、チームが勢いに乗ったのかなと」

――3点目の矢野選手の決勝ゴールに絡んでいくスプリントはお見事でした。今季もあと6試合ですが、やり残したことはありますか?

(残り 2689文字/全文: 3079文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ