【サッカー人気1位】畠中槙之輔がJリーグ屈指の実力を持つセ…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

明本考浩「僕が常に狙っているなかでああいう1対1になるようなボールを入れてくれたことに感謝ですね」柳育崇「クロスをあげられたとしてもいい準備ができていた」【J2第37節 レノファ山口戦後のコメント】(20.11.29)

2020明治安田生命J2リーグ第37節

2020年11月29日16時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム

入場者数 2,296人

栃木SC 2-0 レノファ山口

(前半0-0、後半2-0)
得点者:52分 明本考浩(栃木)、80分 矢野貴章(栃木)

天候 晴れ
気温 8.1
湿度 61%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 22 塩田 仁史
DF 33 黒﨑 隼人
DF 23 柳 育崇
DF 30 田代 雅也
MF 18 森 俊貴
MF 25 佐藤 祥
MF 14 西谷 優希
MF 15 溝渕 雄志
FW 9 エスクデロ 競飛王
FW 8 明本 考浩
FW 19 大島 康樹
控え

GK 1 川田 修平
DF 4 髙杉 亮太
DF 6 瀬川 和樹
MF 5 岩間 雄大
MF 17 山本 廉
FW 34 有馬 幸太郎
FW 29 矢野 貴章

 

■明本考浩

――前半は相手が中央を固めてくるところがありましたが後半は違いを作れました。

「みんながセカンドボールへの意識を高めたことで前向きにボールを運べたし、そこから流れを変えることができたのかなと思いますね」

――先制ゴールについては柳育崇選手からボールが来るのを感じていましたか?

「そうですね。低い位置でボールが止まったときには常に背後を狙っているし、それはタシ君(田代雅也)もそうですし、ヤナ君(柳)も今日は僕のことを見てくれていたので、僕が常に狙っているなかでああいう1対1になるようなボールを入れてくれたことに感謝ですね。あとは落ち着いて流し込むだけでした」

――相手のラインが高い感覚があったのでは?

(残り 1347文字/全文: 1943文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック