【サッカー人気5位】「ユナイテッドでドーン」はなぜ起こるの…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

2試合連続で「劣勢から後半一気」で勝てたのはなぜか?【J2第37節 レノファ山口戦レビュー】(20.11.30)  

2020明治安田生命J2リーグ第37節

2020年11月29日16時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム

入場者数 2,296人

栃木SC 2-0 レノファ山口

(前半0-0、後半2-0)
得点者:52分 明本考浩(栃木)、80分 矢野貴章(栃木)

天候 晴れ
気温 8.1
湿度 61%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 22 塩田 仁史
DF 33 黒﨑 隼人
DF 23 柳 育崇
DF 30 田代 雅也
MF 18 森 俊貴
MF 25 佐藤 祥
MF 14 西谷 優希
MF 15 溝渕 雄志
FW 9 エスクデロ 競飛王
FW 8 明本 考浩
FW 19 大島 康樹
控え

GK 1 川田 修平
DF 4 髙杉 亮太
DF 6 瀬川 和樹
MF 5 岩間 雄大
MF 17 山本 廉
FW 34 有馬 幸太郎
FW 29 矢野 貴章

59分 西谷→岩間
59分 エスクデロ→矢野
73分 溝渕→瀬川 
73分 大島→山本
90+2分 森→有馬

 

▼栃木対策に苦しめられながら工夫を散りばめる

前半、難しくなったのは山口がしっかり栃木対策を打ってきたからだ。

「どのチームも我々に対してはセカンドボールは意識していますし、特に今日の前半は山口にその中央へのコースも切られていたと思います」(田坂監督)

山口は中盤中央のアンカーにヘナンを配置。栃木の2トップのエスクデロと明本に入ってくるボールに対し、ヘナンがCB勢やインサイドハーフの田中らとともに目を光らせた。パスコースを遮断したり、CB勢と挟み込んだりしてボールを回収するシーンが、15分、29分、35分に見られる。

 

 

本来、山口は高がアンカーを担い、最終ラインに落ちながら相手をポジショナルに切り崩していくスタイルを取る。8月の前回対戦でそうしたように栃木のハイプレスを丁寧に交わしながら前進してくると予想されたが、蓋を開けてみれば、高はアンカーではなく、一つ高い位置のインサイドハーフにいた。

(残り 4933文字/全文: 5735文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック