【サッカー人気2位】遅くなった契約更新発表だが、他クラブか…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

「栃木スタイル」の序章は涙の幕切れ。【J2第42節 ジュビロ磐田戦後レビュー】(20.12.21)

2020明治安田生命J2リーグ第42節

2020年12月20日14時キックオフ カンセキスタジアムとちぎ

入場者数 10,767人

栃木SC 1-2 ジュビロ磐田

(前半0-1、後半1-1)
得点者:29分 松本昌也(磐田)、75分 藤川虎太朗、90+5分 矢野貴章(栃木)

天候 晴れ
気温 6.5
湿度 28%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 22 塩田 仁史
DF 33 黒﨑 隼人
DF 23 柳 育崇
DF 30 田代 雅也
MF 17 山本 廉
MF 25 佐藤 祥
MF 5 岩間 雄大
MF 15 溝渕 雄志
FW 29 矢野 貴章
FW 8 明本 考浩
FW 18 森 俊貴
控え

GK 1 川田 修平
DF 4 髙杉 亮太
DF 6 瀬川 和樹
MF 19 大島 康樹
MF 14 西谷 優希
FW 16 榊 翔太
FW 34 有馬 幸太郎

46分 溝渕→大島
46分 佐藤→西谷
76分 山本→榊
81分 岩間→有馬
86分 森→髙杉

 

記者席からはこんな感じ。

 

▼守備がしっくりこないまま失点

磐田は個々もグループもうまかったが、それでも後半を考えれば、前半はもったいない展開だった。

栃木は3バックに対していつもどおり、矢野と明本が背後のボランチをケアしつつ前から奪いに行くが、相手3CBにうまく間のボランチに通されて前を向かれてしまうシーンが序盤から頻発した。

ボランチの佐藤や岩間も前に行きたいのだが、行くタイミングを間違えると背後にいるシャドーの大森や山田らを使われ、さらにダメージを負う懸念がある。よって自重するといった姿勢だった。

 

(残り 4040文字/全文: 4766文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック