【サッカー人気1位】ザーゴとは何だったのか? 鹿島が復活す…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

ファジアーノ岡山から上田康太を完全移籍で獲得。栃木待望のプレースキッカー。【ニュース】(20.12.31)

31日、栃木SCはファジアーノ岡山から上田康太を完全移籍で獲得したと発表した。以下、クラブオフィシャルより引用する。

 

■上田 康太(うえだ こうた)選手

【ポジション】MF

【生年月日】1986年5月9日(34歳)

【出生】東京都

【身長/体重】174cm/67kg 

【経歴】柏レイソル青梅→ジュビロ磐田ユース→ジュビロ磐田→大宮アルディージャ→ファジアーノ岡山→大宮アルディージャ→ジュビロ磐田→ファジアーノ岡山

<代表歴>

2007年 U-22日本代表(北京オリンピック アジア予選)

2008年 U-23日本代表(北京オリンピック代表 バックアップメンバー)

【出場記録】

【コメント】

はじめまして、上田康太です。新しいチャレンジのチャンスをいただいた栃木SCに感謝します。

チームの勝利と発展のために全力を尽くします。チームが大事にしているところと自分らしさを磨いて、さらに成長していきたいと思います。応援をよろしくお願いいたします。

(以上引用終わり)

ⒸFAGIANO OKAYAMA

 

▼待望のプレースキッカー、中盤で違いを作れるボランチ

J2屈指のプレースキッカーであり、ボランチとして展開に変化を付けられる選手。栃木は過去に上田康太の左足に何度も苦しめられてきた。精度のあるCKから合わせられることもあれば、18年には直接FKを決められている。この年、上田は直接FKから4ゴールを奪った。

(残り 1316文字/全文: 1977文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ