【サッカー人気1位】西川周作が驚いた、最終ラインの変化とは…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

年末のご挨拶【お知らせ】(20.12.31)

こんばんは。鈴木です。

今季は12月20日までリーグ戦が続き、直後に慌ただしいストーブリーグに突入しました。ここまでへとへとになりながら大晦日を迎えたという感覚です。

今年はコロナ禍に見舞われるなか、僕のなかで進展があったのは、YouTubeで栃木フットボールマガジンチャンネルを開設したことだと思います。それに伴い、WEBカメラやら高精度マイクやら動画関連の周辺環境を整えました。だからと言って配信回数を増やしていこうという感じでもないのですが、ひとまずはYouTubeでの動画配信や動画編集に対するハードルや抵抗感は見事になくなりました。やってみるもんですね。

2021年はYouTubeチャンネルでどうしていこうかなあと、ちょこちょこ思案しています。お正月の間もぼんやり考えたいと思います。

来年は栃木フットボールマガジンの運営も6シーズン目に突入します。これまでご愛読していただいた皆様、本当にありがとうございました。できるだけ深い情報をタイムリーに、をモットーに来年も動かしてまいりますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

栃木フットボールマガジンの更新は、元旦から1月5日まで5日間ほどお休みをいただき、1月6日(水)から再開します。

それでは皆さん、よいお年を。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

鈴木康浩 拝

 

栃木SCの一つの時代が終わり、新たな時代に突入したことを印象づける2020年でした。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック