【サッカー人気1位】【J1騒乱】[元悦激論・川崎vsC大阪…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

PART3「どこも経営が厳しいからこそ勝負をかければ昇格のチャンス?」【恒例企画 北関東番記者座談会】(21.1.9)

恒例企画 北関東番記者座談会

PART3 どこも経営が厳しいからこそ勝負をかければ昇格のチャンス?

 

20年シーズンの北関東ダービーはまたも水戸が優勝で9連覇を達成。というわけで罰ゲームを敢行した。

Part3では、他チームの状況を踏まえたうえで、いかにJ2に生き残るのか? をテーマに語り合った。

(座談会実施日 2020年12月26日)

 

【座談会参加者】

佐藤拓也(水戸)
デイリーホーリ−ホック
鈴木康浩(栃木)
栃木フットボールマガジン
伊藤寿学(ザスパ)
群馬サッカーNEWS Gマガ

 

▼秋田とか相模原ってどうなの?

伊藤 まず開幕10試合だ。5試合、10試合がめっちゃ大事だと思うよね。

佐藤 それはありますよね。

鈴木 そこで勝ち点どれだけ稼げるかね。

伊藤 そこで連敗連敗になっちゃうと、ちょっともう、ダメージ大きいでしょ。

鈴木 順位的にね。15位以下、1718位とかうろつくと、勝ち点を取ろうとするじゃないですか。

伊藤 しょっぱなから降格、残留争いだからね。

佐藤 ちょっと今年の成績も加味してもらいたいですよね。

伊藤 (笑)

鈴木 ホントそうですよ。

佐藤 降格2チームとかさぁ、マイナス6とかからスタートしてもらいたいぐらい(笑)

伊藤・鈴木 (笑)

佐藤 いやマジで(笑)

伊藤 上がってきた2チームどうなんかな。相模原、秋田。

(残り 3052文字/全文: 3675文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック