【サッカー人気5位】沖縄キャンプ恒例の同部屋は?【こぼれ話…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

とりわけタフさを求められたボランチ。森や山本ら若手の台頭が著しかったサイドハーフ。【ポジション別レビュー MF編】(21.1.10)

▼ボランチ勢はみんな頑張った

昨季のチームはどの選手もハードワークが求められたが、とりわけボランチ勢は群を抜いたプレー強度を求められた。

高い位置まで出ていく味方サイドバックの背後のスペースに走り込む相手のケアはボランチに任されたのだが、みんなよく対応していた。その上で、中盤に落ちるセカンドボール奪取に90分間目を光らせながら身体を動かさないといけなかったのだから。

基本的にボランチは、佐藤祥、岩間雄大、西谷優希、禹相皓の4人で回した。

(残り 3712文字/全文: 3929文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック