【サッカー人気5位】【アビスパ’s Voice】「両手離し…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

キャンプも折り返し地点。果たして実戦の手応えは?【2/7 宮崎キャンプ6日目 練習フォトレポート 83枚】(21.2.7)

午前中のトレーニングが始まる前にステップを確認する西谷優希。

 

 

▼バリバリ走れている上田康太

「リカバリーバージョンのサーキットね。疲れているなかでもしっかりできるように、声を掛け合いながらやっていこう」

声の主は菅原大介コーチである。

昨日の完全非公開のトレーニングから明けた翌日の午前中は、ジョグを少し速めたスピードでフルコートの外側を5周(10分程度)、レスト2分を挟みながら3セットという内容だった。

談笑している選手もいるくらいの軽めのメニューだ。その選手たちのあとを田坂監督が付いていっている。田坂監督は今キャンプもグラウンドから宿舎まで片道10キロのジョグを日課にしているので軽快だ。一方、菅原大介コーチはややきつそうだ。

(残り 3285文字/全文: 3604文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ