【サッカー人気4位】【J2箱推し宣言!】[磐田vs松本]誤…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「ビハインドになると勝点が取りづらくなるので、もう一度守備を構築しないといけない」【J2第2節 ブラウブリッツ秋田戦後のコメント】(21.3.7)

2021明治安田生命J2リーグ第2節

2021年3月7日14時キックオフ カンセキスタジアムとちぎ

入場者数 3,706

栃木SC 0-1 ブラウブリッツ秋田

(前半0-1、後半0-0)
得点者:11分 沖野将基(秋田)

天候 晴れ時々曇り
気温 9.5
湿度 38%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 1 川田 修平
DF 2 吉田 将也
DF 4 髙杉 亮太
DF 5 柳 育崇
MF 17 山本 廉
MF 14 西谷 優希
MF 37 上田 康太
MF 16 菊池 大介
FW 23 植田 啓太
FW 29 矢野 貴章
FW 10 森 俊貴
控えメンバー
GK 15 岡 大生
DF 22 小野寺 健也
MF 11 ジュニーニョ
MF 25 佐藤 祥
MF 41 松本 凪生
FW 19 大島 康樹
FW 32 畑 潤基

64分 森→大島
64分 植田→ジュニーニョ
64分 上田→松本
78分 山本→畑
90分 西谷→小野寺

■田坂和昭監督

「似た者同士の戦いになりましたが、セカンドボールをどっちが奪うかで攻撃できるかどうかでした。あとはリスタートがカギだと思っていたし、こちらもリスタートでチャンスをと思っていましたが、最初の1失点が響いたと思います。前回からメンバーを変えて対秋田の攻略を考えました。いい場面もあったのですが、最後にゴールを奪うところまでには至らなかったと。2試合が終わって、岡山も秋田もそうですが、我々の守備のプレッシャーを回避してくるのでなかなかリズムができないところはあります。この2試合を通してみると、もう少し攻撃においても守備においてもパワー感が足りないと正直感じています。そこをどう解消するのかは、トレーニングだったり、組み合わせだったりになると思います。やろうとすることは選手はよく考えてやってくれていますが、最後のパワー感やクオリティはこれから考えていかないといけないと思います」

(残り 1343文字/全文: 2129文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ