【サッカー人気1位】優位な状況から苦戦した試合、伸びしろは…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

矢野貴章「継続して前に行くという栃木らしい試合ができたと思います」ほか松岡瑠夢【J2第5節 愛媛FC戦後のコメント】(21.3.28)

2021明治安田生命J2リーグ第5節

2021年3月28日14時キックオフ カンセキスタジアムとちぎ

入場者数 3,891

栃木SC 2-1 愛媛FC

(前半1-0、後半1-1)
得点者:30分 大島康樹(栃木)、76分 矢野貴章(栃木)、90+6分 吉田眞紀人(愛媛)

天候 雨のち曇り
気温 17.8
湿度 68%
ピッチ 良、水含み

<スターティングメンバー>

GK 1 川田 修平
DF 5 柳 育崇
DF 22 小野寺 健也
DF 26 面矢 行斗
MF 19 大島 康樹
MF 25 佐藤 祥
MF 14 西谷 優希
MF 10 森 俊貴
FW 17 山本 廉
FW 29 矢野 貴章
FW 11 ジュニーニョ
控えメンバー
GK 15 岡 大生
DF 36 乾 大知
MF 13 松岡 瑠夢
MF 16 菊池 大介
MF 37 上田 康太
MF 41 松本 凪生
FW 32 畑 潤基

64分 山本→松岡
70分 ジュニーニョ→菊池
90+5分 西谷→松本
90+5分 森→乾

 

■矢野貴章

――先制ゴールのFKは矢野選手が中で合わせかけましたが、狙い通りのサインプレーですか?

「そうですね。準備したとおり、うまくデザインできたゴールだったと思います」

――矢野選手らしい泥臭いゴールでした。

「やっと、点が入ってくれてよかったです」

――かなり守備で相手に圧力を与えていましたがこの試合の走力についてどう感じましたか。

「前節山形に初勝利を挙げて、自分たちの戦い方を思い出させてもらう試合だったと思います。今日の試合も継続して前に行くという栃木らしい試合ができたと思います」

(残り 1311文字/全文: 1974文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ