0‐7の処方箋(J論)

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

前節の継続こそ力なり。栃木らしく、山口に襲いかかれ。【J2第6節 レノファ山口戦プレビュー&コラム】(21.4.3)

前節、愛媛に2対1で勝利し、2連勝を達成。開幕5試合を2勝3敗とし、3連敗から息を吹き返した栃木の次節の相手はレノファ山口だ。前節ジュビロ磐田に今季初勝利を挙げて勢いに乗る相手のホーム戦。一筋縄ではいかないが、栃木らしい戦いに勝利への活路が見えてくるだろう。山口対栃木の第6節は4日14時から維新みらいふスタジアムでキックオフを迎える。

 

▼「相手がどうやって来ようとも」

次節レノファ山口戦のテーマは「継続」だ。

前節愛媛戦はチーム全体で前へ矢印を向けて強烈なハイプレスの網をかけ続けた結果、2ゴールを奪う快勝劇となった。

相手が繋ぎの比重を高めてきたことも奏功した。開幕3戦のように蹴ってくる相手にどう対応できるかはまだ見えていない。

「相手がどう出てくるかはわからない」

(残り 2666文字/全文: 3004文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ