【サッカー人気5位】J再開前の重要チェックポイント! 各ク…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「前向きに捉えています。開幕節や2節と比べると(こういう展開で負けているので)進歩したかなと思います」【J2第7節SC相模原戦後のコメント】(21.4.11)

2021明治安田生命J2リーグ第7節

2021年4月11日14時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム

入場者数 2,919人

栃木SC 0-0 SC相模原

(前半0-0、後半0-0)
得点者:

天候 晴れ
気温 17.4
湿度 32%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 1 川田 修平
DF 5 柳 育崇
DF 22 小野寺 健也
DF 26 面矢 行斗
MF 17 山本 廉
MF 25 佐藤 祥
MF 14 西谷 優希
MF 10 森 俊貴
FW 19 大島 康樹
FW 29 矢野 貴章
FW 11 ジュニーニョ
控えメンバー
GK 15 岡 大生
DF 36 乾 大知
MF 13 松岡 瑠夢
MF 16 菊池 大介
MF 37 上田 康太
MF 41 松本 凪生
FW 32 畑 潤基

25分 佐藤→松本
74分 ジュニーニョ→畑

 

■田坂和昭監督

「今年初めてのグリスタの試合で、グリスタの試合を楽しみにしている人もいたと思いますので勝ちたかったのですが、何とか耐えて守備をしたと。相模原さんもシンプルに我々の背後を突いてきましたが、開幕戦の岡山戦や2節の秋田戦では勝てなかったですけど、今日は何とか凌いで勝点1を奪ったというのは選手たちはよくやってくれたと思います。特に後半はセカンドボールを拾ってチャンスを作れていました。チャンスを決め切る部分は課題なのですが、狙いどおりの形もいくつかありました。勝点1を奪えたことは良かったと思っています」

(残り 2090文字/全文: 2703文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ