【サッカー人気1位】秋葉忠宏監督「ゴール前の執念が少し足り…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「今日こそ勝ちたかったですが、まだ足りないなと」【J2第9節アルビレックス新潟戦後のコメント】(21.4.21)

2021明治安田生命J2リーグ第9節

2021年4月21日19時キックオフ カンセキスタジアムとちぎ

入場者数 2,951人

栃木SC 2-2 アルビレックス新潟

(前半1-1、後半1-1)
得点者:8分 矢村健(新潟)、24分 森俊貴(栃木)、56分 面矢行斗(栃木)、90+2分 千葉和彦(栃木)

天候 晴れ
気温 15.2.
湿度 20%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 1 川田 修平
DF 5 柳 育崇
DF 22 小野寺 健也
DF 26 面矢 行斗
MF 2 吉田 将也
MF 14 西谷 優希
MF 41 松本 凪生
MF 10 森 俊貴
FW 11 ジュニーニョ
FW 29 矢野 貴章
FW 13 松岡 瑠夢
控えメンバー
GK 15 岡 大生
DF 36 乾 大知
MF 17 山本 廉
MF 37 上田 康太
FW 19 大島 康樹
FW 27 五十嵐 理人
FW 34 有馬 幸太郎

36分 西谷→上田
54分 松岡→有馬
75分 ジュニーニョ→山本

■田坂和昭監督

「悔しい結果でしたが、最後のリスタートのところは個人の対応なので改善するしかないです。全体的にはスタイルの違いがぶつかり、我々は我々のやり方を貫き通した結果だと思います。内容的には最初のクロスでやられただけで、あとはほぼほぼ前で引っ掛けることができていました。昨年も首位のチームに対していい勝負をするけれど、なかなか結果を出せない状況がありました。その分、今日こそ勝ちたかったですが、まだ足りないなと。新潟に対して2点を獲りましたが、一方で相手の攻撃の特徴はカウンターであり、サイド攻撃で、1点は奪われましたけれど、ほぼ我々がプレッシャーを掛けて引っ掛けることができたと思います。追加点が奪えればという試合でしたが、まだまだ改善しないといけないなと思います。ただ、全体的にいいパフォーマンスを見せてくれたと思います。連戦ですので、この悔しい勝点1を次の金沢戦に向けて勝点3が奪えるようにトレーニングして準備します」

――栃木らしさは全面に出た試合でしたが、最後の時間帯は引き気味になっていたのでは。

(残り 998文字/全文: 1867文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ