【サッカー人気3位】読めないメンバーを楽しみたい試合 組み…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

矢野貴章「最後の最後まで相手を苦しめることができたと思うし、うちが狙っていたサッカーができたと思います」ほか面矢行斗【J2第9節アルビレックス新潟戦後のコメント】(21.4.21)

2021明治安田生命J2リーグ第9節

2021年4月21日19時キックオフ カンセキスタジアムとちぎ

入場者数 2,951人

栃木SC 2-2 アルビレックス新潟

(前半1-1、後半1-1)
得点者:8分 矢村健(新潟)、24分 森俊貴(栃木)、56分 面矢行斗(栃木)、90+2分 千葉和彦(栃木)

天候 晴れ
気温 15.2.
湿度 20%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 1 川田 修平
DF 5 柳 育崇
DF 22 小野寺 健也
DF 26 面矢 行斗
MF 2 吉田 将也
MF 14 西谷 優希
MF 41 松本 凪生
MF 10 森 俊貴
FW 11 ジュニーニョ
FW 29 矢野 貴章
FW 13 松岡 瑠夢
控えメンバー
GK 15 岡 大生
DF 36 乾 大知
MF 17 山本 廉
MF 37 上田 康太
FW 19 大島 康樹
FW 27 五十嵐 理人
FW 34 有馬 幸太郎

36分 西谷→上田
54分 松岡→有馬
75分 ジュニーニョ→山本

 

■矢野貴章

――勝点3まであと一歩の試合でした。

「最後の最後まで相手を苦しめることができたと思うし、うちが狙っていたサッカーができたと思います。ただ、最後のセットプレーのシーンが今の新潟の強さだと思うし、ああいうところで決められてしまうのは今のうちの弱さだと思います」

――後半はいい形から点を奪えました。ボランチのメンバーが今までとは異なるなか、どういう感覚で攻撃できていましたか。

(残り 1373文字/全文: 1983文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ