【サッカー人気2位】日本代表の現場からしばし離れて思うこと…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「最後はパワーアップしたかったですが、なかなかうまくいかなった」【J2第13節 水戸ホーリーホック戦後のコメント】(21.5.9)

2021明治安田生命J2リーグ第13節

2021年5月9日14時キックオフ ケーズデンキスタジアム

入場者数 3,064人

水戸ホーリーホック 1-1 栃木SC

(前半0-1、後半1-0)
得点者:16分 森俊貴(栃木)、55分 オウンゴール(水戸)

天候 晴れのち雨
気温 23.8
湿度 35%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 1 川田 修平
DF 19 大島 康樹
DF 5 柳 育崇
DF 22 小野寺 健也
DF 26 面矢 行斗
MF 13 松岡 瑠夢
MF 25 佐藤 祥
MF 14 西谷 優希
MF 10 森 俊貴
FW 29 矢野 貴章
FW 11 ジュニーニョ
控えメンバー
GK 15 岡 大生
DF 4 髙杉 亮太
MF 16 菊池 大介
MF 17 山本 廉
MF 41 松本 凪生
FW 32 畑 潤基
FW 34 有馬 幸太郎

72分 矢野→有馬
72分 ジュニーニョ→山本
78分 松岡→菊池
78分 西谷→松本
87分 大島→畑

■田坂和昭監督

「ダービーということで激しい試合を予想していました。前節から準備期間が短かったなかでしたが、今日の試合は全員が球際だったり走力だったり、最後のゴール前で身体を張ったり、その意味でチーム全体で闘っている試合になったと思います。勝点3が取れるゲームでしたが、どうしてもクロス対応で失点してしまっているので、そこは修正しないといけないです。最後はパワーアップしたかったですが、なかなかうまくいかなったので、次に向けてまた準備をしたいです。サポーターにとって特別な一戦だったと思いますので、勝点が取れなかったことは申し訳なく思っています」

(残り 923文字/全文: 1601文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ