【サッカー人気5位】ゲーム形式で対3バックチームに対する守…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

3バック採用も4失点惨敗。今後の戦いはどうなるか?【J2第14節 FC琉球戦レビュー】(21.5.16)

2021明治安田生命J2リーグ第14節

2021年5月15日18時キックオフ タピック県総ひやごんスタジアム

入場者数 2,188人

FC琉球 4-2 栃木SC

(前半2-2、後半2-0)
得点者:3分 乾大知(栃木)、16分 清水慎太郎(琉球)、22分 上里一将(琉球)、44分 西谷優希(栃木)、74分 茂木駿佑(琉球)、90分 李栄直(琉球) 

天候 晴れ
気温 28.1
湿度 73%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 1 川田 修平
DF 5 柳 育崇
DF 36 乾 大知
DF 2 吉田 将也
MF 16 菊池 大介
MF 14 西谷 優希
MF 25 佐藤 祥
MF 10 森 俊貴
FW 19 大島 康樹
FW 34 有馬 幸太郎
FW 11 ジュニーニョ
控えメンバー
GK 15 岡 大生
DF 22 小野寺 健也
MF 13 松岡 瑠夢
MF 17 山本 廉
MF 41 松本 凪生
FW 32 畑 潤基
FW 38 小堀 空

46分 乾→小野寺
46分 ジュニーニョ→松岡
77分 森→山本
77分 有馬→小堀
79分 西谷→松本

 

3バックを採用することになった経緯

先週のトレーニングの紅白戦で初めて3バックを試している様子を見たとき、次節の琉球対策だろうと思った。

高温多湿の環境下、琉球はサイド攻撃がストロング、おまけに何人かケガ人も出ている。厳しい戦いを想定した上でのオプションだろうと。

ただ、田坂監督が話すニュアンスはやや違った。その日の練習後の取材で語っている。

(残り 5260文字/全文: 5882文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ