【サッカー人気4位】ケヴィン・マスカット監督の契約更新とチ…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「全体として我々らしいサッカーができたと思います」【J2第17節 京都サンガF.C.戦後のコメント】(21.6.6)

2021明治安田生命J2リーグ第17節

2021年6月6日14時キックオフ カンセキスタジアムとちぎ

入場者数 4,978人

栃木SC 0-0 京都サンガF.C.

(前半0-0、後半0-0)
得点者:

天候 曇り時々晴れ
気温 28.4℃
湿度 54%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 1 川田 修平
DF 19 大島 康樹
DF 5 柳 育崇
DF 20 三國 ケネディエブス
MF 17 山本 廉
MF 14 西谷 優希
MF 25 佐藤 祥
MF 10 森 俊貴
FW 11 ジュニーニョ
FW 29 矢野 貴章
FW 16 菊池 大介
控えメンバー
GK 15 岡 大生
DF 22 小野寺 健也
DF 26 面矢 行斗
MF 13 松岡 瑠夢
MF 37 上田 康太
FW 32 畑 潤基
FW 34 有馬 幸太郎

65分 ジュニーニョ→有馬
73分 山本→畑
90+2分 菊池→面矢

 

■田坂和昭監督

「結果として勝点1だけというか、勝点1を獲れたというか、勝点3が獲れなかったことは残念です。ただ内容的には我々らしいサッカーができたと思います。もちろん相手に技術やスピードがあるなか、みんなでスライドをして守れたと思います。今日の対戦ではかなりミスマッチが生じると。相手が4-3-3で来るので中盤でミスマッチが生じるなかでも今週強調したコミュニケ―ションを取りながらマークの受け渡しをよくやっていました。危ないシーンは何本かありましたが最後までよく守ったと思います。攻撃でもいい形でミスマッチを突きながらカウンターに行けましたが、最後のアタッキングゾーンの精度が足りなかったと思います。最後の質でありパワー感は足りないのでネットを揺らせていないので引き続きトレーニングをしていくしかないと思います。ただ、全体として我々らしいサッカーができたと思います。次の試合は天皇杯で連戦になりますが、また準備して足りない部分を補っていきたいです」

――前半の途中から押し込まれる時間が続きました。どう受け止めたでしょうか。

(残り 1563文字/全文: 2406文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ