【サッカー人気4位】信頼回復のために必要なこと/広島 1-…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

守備は上々。もっと攻め手を増やすにはどうすれば。【J2第17節 京都サンガF.C.戦レビュー】(21.6.7)

2021明治安田生命J2リーグ第17節

2021年6月6日14時キックオフ カンセキスタジアムとちぎ

入場者数 4,978人

栃木SC 0-0 京都サンガF.C.

(前半0-0、後半0-0)
得点者:

天候 曇り時々晴れ
気温 28.4℃
湿度 54%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 1 川田 修平
DF 19 大島 康樹
DF 5 柳 育崇
DF 20 三國 ケネディエブス
MF 17 山本 廉
MF 14 西谷 優希
MF 25 佐藤 祥
MF 10 森 俊貴
FW 11 ジュニーニョ
FW 29 矢野 貴章
FW 16 菊池 大介
控えメンバー
GK 15 岡 大生
DF 22 小野寺 健也
DF 26 面矢 行斗
MF 13 松岡 瑠夢
MF 37 上田 康太
FW 32 畑 潤基
FW 34 有馬 幸太郎

65分 ジュニーニョ→有馬
73分 山本→畑
90+2分 菊池→面矢

 

▼途中から京都にペースを持っていかれる

立ち上がりにハイプレスがハマっている時間帯に点を奪えれば、例えば1対0で勝つチャンスもあったと思うが、その後の時間帯は京都にうまく対応されて抑え込まれた試合だった。

 

前半の飲水タイムまでは栃木がうまくハイプレスをハメていたし、再三FKCKを奪えていたのでここで1点が欲しかったが、京都はサイドで時間を与えてくれず、ゴール前はヨルディ・バイスや麻田を中心に堅かった。さすがにリーグ最少失点を誇る堅守である。

 

(残り 4441文字/全文: 5046文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ