【サッカー人気4位】鈴木彩艶「自分のミスから失点がうまれて…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

松岡瑠夢の2ゴールで町田に快勝し、3回戦に進出。【天皇杯2回戦 FC町田ゼルビア戦速報】(21.6.9)

第101回全日本サッカー選手権大会2回戦

2021年6月9日19時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム

入場者数 837人

栃木SC 2-0 FC町田ゼルビア

(前半2-0、後半0-0)
得点者:15分 松岡瑠夢(栃木)、36分 松岡瑠夢(栃木)

天候 晴れ
気温 22.3℃
湿度 54%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 15 岡 大生
DF 22 小野寺 健也
DF 26 面矢 行斗
DF 36 乾 大知
MF 2 吉田 将也
MF 23 植田 啓太
MF 37 上田 康太
MF 41 松本 凪生
FW 13 松岡 瑠夢
FW 32 畑 潤基
FW 38 小堀 空
控えメンバー
GK 1 川田 修平
DF 46 軽部 倭太琉
DF 5 柳 育崇
MF 10 森 俊貴
MF 17 山本 廉
MF 25 佐藤 祥
FW 34 有馬 幸太郎

70分 松岡→山本
70分 小堀→有馬
83分 植田→森
90+3分 松本→柳

■速報レポート

栃木はリーグ戦から中2日とあって、スタメン全選手を入れ替える完全ターンオーバーで挑んだ。一方、中3日でこの試合を迎えた町田も、直近のリーグ戦から8人を入れ替えた。

栃木も町田もシステムはリーグ戦同様に[4-4-2]。

試合は序盤こそセカンドボール争奪の激しい攻防が続いたが、次第にボールが落ち着き始めると、栃木がハイプレスを仕掛け、それを町田がビルドアップからはがしにかかるという構図ができ上がっていく。

ただ、栃木の勢いのあるプレスを前に徐々に町田が押され気味の展開になっていくと、迎えた15分、町田の最終ラインでのミスを見逃さなかった松岡 瑠夢がボールをかっさらい、そのままドリブルで運んで右スミに流し込んだ。松岡はうれしいプロ初ゴールとなった。

その後も流れは変わらず。町田が栃木のプレスをかわし前進するシーンもあるのだが、決定的なシーンには至らず。逆に36分、栃木は右サイドで吉田 将也がインターセプトをするとそのまま持ち運び、ゴール前へとボールを流すと、最後は面矢 行斗のクロスに松岡が頭で合わせて2点目。町田を突き放すことに成功した。

栃木ペースのまま前半は終了した。

後半、2点ビハインドの町田は後半頭から佐野 海舟をボランチに投入。この佐野を中心にテンポよくボールを動かしながらピッチを広く使い始め、ゴールに迫るシーンを作り出していく。

対する栃木も前半同様、負けじと前線からのハイプレスを繰り返して、町田のボール回しに食らいついて前進を阻んでいく。

60分、町田は平戸 太貴を投入。平戸が動き直しを繰り返しながらボールに関わり、さらにチームのプレーテンポを引き上げていく。試合展開は、町田がボールを動かしながら栃木陣内に入り込み、栃木が奪ったボールからカウンターを狙うという展開に。

73分、栃木はカウンターから畑 潤基が背後に抜け出してフィニッシュし、CKを獲得。このCKのセカンド攻撃から松本 凪生がゴール前に速いボールを送り込んだがわずかに中とは合わず。

75分、町田は交代で入った晴山 岬が強引な突破からゴール前にボールを送り込むがわずかに合わなかった。

80分を過ぎても互いのチームのプレーテンポはまったく落ちない。町田がアタッキングサードに強引に分け入りながらフィニッシュへの形を作るが、栃木守備陣が体を張ってブロックを連発。

86分、町田は平戸のFKに岡田 優希が合わせたがゴールマウスの上へ。89分、ゴールを奪おうとパワーをかけ続ける町田は、再び平戸の精度のあるCKから晴山が頭で合わせたが、これはGK岡 大生がビッグセーブでかき出した。

最後まで緊迫した攻防が続いたが、そのままスコアは動かずに試合は終了。栃木が2-0で町田を撃破し、3回戦進出を決めた。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ