【サッカー人気1位】【フォトレポート】9日間のオフが明け再…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「本当に満足しています。我々らしいゲームをしてくれたと思います」【天皇杯2回戦 FC町田ゼルビア戦後のコメント】(21.6.9)

第101回全日本サッカー選手権大会2回戦

2021年6月9日19時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム

入場者数 837人

栃木SC 2-0 FC町田ゼルビア

(前半2-0、後半0-0)
得点者:15分 松岡瑠夢(栃木)、36分 松岡瑠夢(栃木)

天候 晴れ
気温 22.3℃
湿度 54%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 15 岡 大生
DF 22 小野寺 健也
DF 26 面矢 行斗
DF 36 乾 大知
MF 2 吉田 将也
MF 23 植田 啓太
MF 37 上田 康太
MF 41 松本 凪生
FW 13 松岡 瑠夢
FW 32 畑 潤基
FW 38 小堀 空
控えメンバー
GK 1 川田 修平
DF 46 軽部 倭太琉
DF 5 柳 育崇
MF 10 森 俊貴
MF 17 山本 廉
MF 25 佐藤 祥
FW 34 有馬 幸太郎

70分 松岡→山本
70分 小堀→有馬
83分 植田→森
90+3分 松本→柳

■田坂和昭監督

「連戦ということでリーグ戦からメンバーを入れ替えました。本当に満足しています。我々らしいゲームをしてくれたと思います。栃木のサッカーは前からプレッシャーを掛けて、前で引っ掛けて、全員で身体を張って、攻撃に転じたらどんどん追い越していくと。1点目も2点目も我々らしさが出せたと思います。もちろん、後半になって相手がパワーアップしたときに押し込まれる場面もありましたが、シュートブロックを正面で対応したり、リスタートでもみんなで凌いでいくという栃木らしいサッカーが出ていたと思います。一番良かったのはそれぞれが思いをぶつけてくれたことです。彼らに感謝したいと思います。次に駒を進めることができたので、対戦相手は決まっていませんが、さらに上へと駒を進められるようにチームで一丸となって戦いたいです」

(残り 1503文字/全文: 2243文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ