【サッカー人気1位】悩む小泉佳穂に響いた柏木陽介からの言葉…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

松岡瑠夢「みんなに『やってやる』という気持ちの強さがあった」ほか上田康太【天皇杯2回戦 FC町田ゼルビア戦後のコメント】(21.6.9)

第101回全日本サッカー選手権大会2回戦

2021年6月9日19時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム

入場者数 837人

栃木SC 2-0 FC町田ゼルビア

(前半2-0、後半0-0)
得点者:15分 松岡瑠夢(栃木)、36分 松岡瑠夢(栃木)

天候 晴れ
気温 22.3℃
湿度 54%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 15 岡 大生
DF 22 小野寺 健也
DF 26 面矢 行斗
DF 36 乾 大知
MF 2 吉田 将也
MF 23 植田 啓太
MF 37 上田 康太
MF 41 松本 凪生
FW 13 松岡 瑠夢
FW 32 畑 潤基
FW 38 小堀 空
控えメンバー
GK 1 川田 修平
DF 46 軽部 倭太琉
DF 5 柳 育崇
MF 10 森 俊貴
MF 17 山本 廉
MF 25 佐藤 祥
FW 34 有馬 幸太郎

70分 松岡→山本
70分 小堀→有馬
83分 植田→森
90+3分 松本→柳

■松岡瑠夢

――松岡選手の動きには鬼気迫るものを感じました。

「今日の試合はリーグ戦にあまり絡めていない選手がスタメンで出るという判断をしてくださったので、みんなにやってやるという気持ちの強さがあったし、今日の勝利に繋がったと思います。あとは普段のリーグ戦はスタメンの選手たちがベンチにいたので心強かったですし、アップのときから声をかけてくれていたので、チーム一丸となって掴んだ勝利だと思います」

――得点シーンを振り返ってください。1点目は?

(残り 2282文字/全文: 2888文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ