【サッカー人気1位】リオ五輪予選の後遺症が解消されていなか…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「90分間を通して我々らしいアグレッシブな守備をしながらカウンターも打てていたが、何とか逆転して勝ちたかった」【J2第18節 大宮アルディージャ戦後のコメント】(21.6.13)

2021明治安田生命J2リーグ第18節

2021年6月13日19時キックオフ NACK5スタジアム大宮

入場者数 3,918人

大宮アルディージャ 1-1 栃木SC

(前半1-1、後半0-0)
得点者:5分 イバ(大宮)、40分 矢野貴章(栃木)

天候 曇のち晴
気温 25.3℃
湿度 50%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 1 川田 修平
DF 19 大島 康樹
DF 5 柳 育崇
DF 20 三國 ケネディエブス
MF 17 山本 廉
MF 14 西谷 優希
MF 25 佐藤 祥
MF 10 森 俊貴
FW 11 ジュニーニョ
FW 29 矢野 貴章
FW 16 菊池 大介
控えメンバー
GK 15 岡 大生
DF 22 小野寺 健也
DF 26 面矢 行斗
MF 13 松岡 瑠夢
MF 23 植田 啓太
FW 41 松本 凪生
FW 32 畑 潤基

38分 山本→松岡
70分 ジュニーニョ→面矢
82分 西谷→松本
82分 森→植田
82分 菊池→畑

■田坂和昭監督

「90分間通して我々らしいアグレッシブな守備をしながらしっかりカウンターも打てていましたが、何とか逆転して勝ちたかったなという試合でした。立ち上がりこそ相手のシステムや配置が把握できないところがありましたし、相手がどういうテンションでサッカーをするのかわからないところがあったのですが、それは我々はコントロールできない部分なので『しっかり試合に入ってコミュニケーションを取りながらやっていこう』と話して送り出しました。立ち上がりは少しバタバタとしたし、我々のスライドを研究されている感じもありましたので、改善しながらゲームを進めました。特にハーフタイムにはそういう話をしたのですが、後半はほぼほぼやられずに進められたし、クロス対応もよくできていました。だからこそもう1点獲りたかったなというのが正直な感想です。ただ、全体的には前回の天皇杯から引き続き今日の試合も走れていると思いますし、次の試合に向けて何とか複数点が奪える準備をしていきたいです」

(残り 1582文字/全文: 2419文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ