【サッカー人気3位】「立て続けの主力の移籍を選手はどう感じ…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「選手はやるべきことをやったが、最後のゴール前のクオリティの差が出た」【J2第19節 V・ファーレン長崎戦後のコメント】(21.6.19)

2021明治安田生命J2リーグ第19節

2021年6月19日18時キックオフ カンセキスタジアムとちぎ

入場者数 3,797人

栃木SC 0-2 V・ファーレン長崎

(前半0-1、後半0-1)
得点者:30分 都倉賢(長崎)、73分 オウンゴール

天候 雨
気温 19.6℃
湿度 90%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 1 川田 修平
DF 19 大島 康樹
DF 5 柳 育崇
DF 20 三國 ケネディエブス
MF 16 菊池 大介
MF 14 西谷 優希
MF 25 佐藤 祥
MF 10 森 俊貴
FW 23 植田 啓太
FW 29 矢野 貴章
FW 11 ジュニーニョ
控えメンバー
GK 15 岡 大生
DF 22 小野寺 健也
DF 26 面矢 行斗
MF 13 松岡 瑠夢
MF 2 吉田 将也
MF 37 上田 康太
MF 41 松本 凪生

46分 植田→松岡
62分 ジュニーニョ→面矢
62分 大島→吉田
76分 西谷→松本
83分 菊池→小野寺

 

■田坂和昭監督

「結果は悔しいですが、準備してきたこと、やるべきことを選手たちはよくやったと思います。最後のゴール前のクオリティの差が出てしまい、前半は一発やられてしまったと思います。逆に我々が押し込んだときにゴール前のクオリティが足りずに点が獲れなかったというところがありますので、そういう差は謙虚に受け止めて行かないといけないと思います。栃木のサッカーはどんな相手にも高い位置から引っ掛けてショートカウンターを狙うことにありますが、今日はそれは出してくれたと思います。掻いくぐられたシーンはそれほどなかったのですが、前半の1失点目、揃った状態で速いクロスからゴールを入れられてしまったことが尾を引いたかなと思っています。ただ、今日対戦したことで色々な発見はあったので、前向きに捉えて修正します」

(残り 929文字/全文: 1691文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ