【サッカー人気1位】秋葉忠宏監督「前節、“言い訳”をしなか…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

リーグ最多9つ目のドロー。後半戦で勝ち切るために必要なものは?【J2第21節 FC町田ゼルビア戦レビュー】(21.7.4)

2021明治安田生命J2リーグ第21節

2021年7月3日18時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム

入場者数 2,777人

栃木SC 1-1 FC町田ゼルビア

(前半0-1、後半1-0)
得点者:8分 鄭大世(町田)、54分 松本凪生(栃木)

天候 曇り
気温 22.1℃
湿度 90%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 50 オビ パウエル オビンナ
DF 5 柳 育崇
DF 20 三國 ケネディエブス
DF 26 面矢 行斗
MF 2 吉田 将也
MF 25 佐藤 祥
MF 41 松本 凪生
MF 37 上田 康太
FW 16 菊池 大介
FW 32 畑 潤基
FW 10 森 俊貴
控えメンバー
GK 1 川田 修平
DF 22 小野寺 健也
MF 11 ジュニーニョ
MF 13 松岡 瑠夢
MF 14 西谷 優希
FW 19 大島 康樹
FW 29 矢野 貴章

46分 上田→矢野
77分 吉田→大島
77分 菊池→松岡
85分 畑→ジュニーニョ

 

▼失点後からギアが入る展開に

アラートさを欠いた立ち上がりだった。

8分、警戒していた一発の背後へのボールの対応。面矢の反応が遅れ、三國の戻りも遅れた。

町田は今季、先制すると103分無敗。先制されると難しくなる試合だったが、実際、ゲームが難しくなった。

栃木はスタメンを5人変更。矢野は火曜日と水曜日のトレーニングでは別メニュー調整、2連敗していること、ゴールへの道筋の精度を上げること、などが大幅スタメン変更の理由と思われる。

栃木は失点後もややバタつき、プレスも中途半端に空転して背後を突かれると、町田に二度ほど決定機を与えたが、加入後即スタメンを飾ったオビが好セーブを見せるなど何とか1失点で進めていく。

 

流れが変わり始めたのは20分過ぎだ。松本が振り返る。

「一つひとつの球際の強さだったり、攻守が切り替わったときのスピード感も出てきたり、相手が嫌がることができるようになっていったと思う」

栃木がプレス連動からセカンドボールを前向きに拾って前進する回数が増えていた。

鄭大世が語る町田側の事情も引いておこう。

(残り 4196文字/全文: 5064文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ