【サッカー人気4位】リカルド監督「逆転勝利が多くなかったの…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

粘るも終盤に3失点。鹿島にリベンジならず。【天皇杯3回戦 鹿島アントラーズ戦速報】(21.7.7)

第101回全日本サッカー選手権大会3回戦

2021年7月7日19時キックオフ カンセキスタジアムとちぎ

入場者数 4,442人

鹿島 3-0 栃木SC

(前半0-0、後半3-0)
得点者:80分 エヴェラウド(鹿島)、90分 エヴェラウド(鹿島)、90+2分 アルトゥール・カイキ(鹿島)

天候 曇り
気温 25.3℃
湿度 72%
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 1 川田 修平
DF 2 吉田 将也
DF 5 柳 育崇
DF 22 小野寺 健也
MF 14 西谷 優希
MF 19 大島 康樹
MF 23 植田 啓太
MF 37 上田 康太
FW 11 ジュニーニョ
FW 13 松岡 瑠夢
FW 38 小堀 空
控えメンバー
GK 15 岡 大生
DF 26 面矢 行斗
MF 10 森 俊貴
MF 16 菊池 大介
MF 25 佐藤 祥
FW 29 矢野 貴章
FW 32 畑 潤基

58分 小堀→矢野
58分 植田→森
58分 吉田→面矢
83分 西谷→佐藤
83分 ジュニーニョ→菊池

 

■速報レポート

鹿島は東京五輪代表に選出されている上田 綺世、町田 浩樹を除き、直近のリーグ戦から中9日が空いたこともあり、リーグ戦のほぼベストメンバーという布陣。対する栃木は直近のリーグ戦から中3日とあってスタメン8人を入れ替えるターンオーバーで挑んだ。

両チームは2年前の3回戦でも対戦し、鹿島が4対0で貫録勝ちを収めている。栃木にとってはリベンジマッチの位置づけとなる。

鹿島も栃木もシステムはリーグ戦同様に4-4-1-1

試合は戦前に予想されたとおり、序盤から栃木がリーグ戦同様に激しいハイプレスで鹿島に圧力をかけていく。すると3分、右サイドで圧力をかけて奪ったボールから松岡 瑠夢がペナルティエリア内へと抜け出し、角度のないところから左足を強振。わずかに上へと外れた。

だが、その後は一方的な鹿島ペースに。

序盤こそ栃木のプレスに戸惑っていた鹿島だが、10分も経たないうちに慣れ始めると、ボールをピッチの左右いっぱいに使い始めて栃木のプレスを掻いくぐっていく。

鹿島のファーストシュートは12分。ディエゴ・ピトゥカがゴール至近距離からシュートを放ったが上へと外れた。その後も局面のバトルで上回る鹿島が圧倒的にボールを支配しながらチャンスをうかがうが、栃木も粘りの守備で跳ね返す攻防が続いた。

31分、FKのこぼれ球を和泉 竜司がペナルティエリア内でフリーになって受けたが、西谷 優希が身体を飛び込ませてブロック。39分にはゴール前でクリアボールを拾ったディエゴ・ピトゥカがボレーを強振したが、シュートはわずかにゴールの上へと外れた。

前半終了間際にも鹿島はCKなどから相手ゴールに迫ったが、ゴール前を固める栃木をこじ開けるには至らず、ゴールレスでハーフタイムを迎えた。

 

両チームともハーフタイムのメンバー変更はなし。

後半も鹿島がボールを支配しながらゲームを進める展開は変わらず。

栃木も前から奪いたいのだが、鹿島の個人やグループの局面でプレスを剥がされてしまい、下がらざるを得ない苦しい展開が続いた。だがそれでもゴール前を固める集中力を切らすことなくゲームを進めていく。

鹿島はゴール前を固める栃木の守備に攻めあぐねる時間が続く。それでも焦れずにボールを動かしながらチャンスをうかがっていく。

58分、栃木はリーグ戦のスタートメンバーである矢野 貴章、森 俊貴、面矢 行斗を投入して勝負に出る。

この交代により、徐々に栃木が矢野、森、松岡らがプレスで圧力をかけて全体を前へと押し出す場面を作れるようになっていくが、鹿島もプレスを巧みにかわすなど流れを変えるには至らない。

70分、鹿島は和泉に代えてファン・アラーノ、白崎 凌兵に代えて松村 優太を投入し、停滞したムードを打破しにかかる。

互いに交代カードを切ってギアが上がっていったが、その流れで迎えた80分だった。鹿島が右サイドの常本 佳吾からのクロスにファーサイドでエヴェラウドが頭で合わせてネットを揺らし、ついに均衡を破った。

この1点でゲームは大きく動き出し、前掛かりになる栃木に対し、鹿島が裏返すように攻勢をかける。そして90分にはエヴェラウド、後半アディショナルタイムにはアルトゥール・カイキがダメ押しとなるゴールを奪い、終わってみれば3対0。

苦しんだ鹿島だったが、粘り強くゲームを進め、次戦に駒を進めた。

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ